ケンコー・トキナースタッフブログ


カテゴリー「宣伝課のお仕事」

自由が丘でMILTOL200ミリ・スナップ。

 
Posted:2014.03.15 ブログを購読

3月15日、スタジオグラフィックスの撮影会で、若子jet先生と自由が丘でのスナップに出かけました。

午前はフィルターを使った撮影をしたのですが、午後にはMILTOL200ミリを使っての望遠スナップにチャレンジ。

 

4961607419823.jpg

MILTOL200mmレンズ。2群4枚のシンプルなレンズ構成が魅力です。

マニュアルフォーカス専用レンズならではの、トルク感のあるピントリングの感触が気持ちいい使用感です。

 

 

DSC_1413.JPG
「スタンドポッド」が新発売となりましたが、軽量ムービーが対象なため、雲台がプラスチック製と200mm向きではありません。そこで、ミニプロ7NSポールIIを組み合わせて、望遠レンズに対応できる自立一脚として準備しました。

DSCF5422.jpg DSCF5430.jpg
DSCF5433.jpg DSCF5443.jpg
使用したカメラがAPS-Cフォーマットのため、換算300ミリとなり、狭い画角によるフレーミングの難しさ、ブレに対する注意が必要ですが、自立一脚を使って随分カバーできました。マニュアルフォーカスはピント合わせに緊張感がありますが、鳩の写真のように羽までクッキリ写るショットが撮れると楽しいものです。
200mmF4というスペックはズームでもありそうなものですが、ズームでF4クラスでもここまでコンパクトではありませんから、軽さ・小ささ、三脚座付きというスタイルはMILTOL独自のものです。中学生時代、初めて父が持っていたマニュアルフォーカスの200mmF4レンズで撮影した思い出が懐かしく思い出されました。
是非店頭でピントリングの感触を試してみてください。

(写真、文:広報・宣伝課 田原 栄一)


 

火星が地球に接近中。最接近まであと1カ月!

 
Posted:2014.03.14 ブログを購読

2014年3月14日現在、火星はおとめ座の一等星、スピカとともに午後8時半ごろ東の空から昇り、南→西へと動き、夜明けまで観ることができます。そして1か月後の4月14日、火星は地球に最接近!

 

20140414_03_astro.jpg

 

現在の火星の光度はマイナス0.8等ですが、最接近日にはマイナス1.4等にもなります。

 

4月14日、火星は日没近くに東から昇り、深夜ごろに南中して日の出近くに西に沈むため、一晩中観測することができます。この時も火星はスピカの近くにあり、またひときわ赤い色をしているので探しやすいでしょう。

 

5月になっても光度はマイナス1.2等と明るさを保ちますので、これから5月までは火星の観測に最も適した時期と言えるでしょう。

 

20140414_astro.jpg

 

火星の最接近は1年に1度ではなく、およそ2年2か月に1度。この時期を逃すと2年先まで火星観測に最適な時期はやってきません!

 

 

 

~火星観測にオススメ!天体望遠鏡をピックアップ~

火星観測には焦点距離が長い天体望遠鏡がおすすめです。

スカイウォーカー SW-ⅤPC
 焦点距離:900mm

SW5PC

入門用に最適。惑星観察から星雲・星団の観測まで幅広く使える反射望遠鏡。微動ハンドルで天体を追尾。
オープン価格(実勢価格40,000円程度)

スカイエクスプローラー SE-GT102M
 焦点距離:1300mm

4961607322949

見たい星を自動で捉えてくれる自動導入機能付き、主鏡102mmのマクストフカセグレン式天体望遠鏡。
希望小売価格:115,000円(税別)

NEWスカイエクスプローラー SE200N CR
SEⅡ赤道儀セット
 焦点距離:1000mm

4961607492017

本格派に!口径200mmの高精度放物面鏡を採用したニュートン式反射望遠鏡と、SEⅡ赤道儀のセット。
希望小売価格:320,000円(税別)

 

3月もまだまだ見ごろの木星や、3月23日に西方最大離角となる金星など見どころ盛りだくさんです。天体望遠鏡を使えば感動もひとしおですよ!

(WEB担当:A)

 

ND500を使用したときのシャッタースピードは?

 
Posted:2014.03.12 ブログを購読

「NDフィルターを使ったときのシャッタースピードは、どのくらいになりますか?」というお問い合わせをいただきました。

 

昨年8月発売の「PRO ND500」は光量を500分の1にしますので、同じ光量にしようとすると、シャッタースピードの長さを500倍にする必要があります。1/500秒のとき、1/500秒×500で「1秒」ということになります。

 

実際の撮影ではどうなるのでしょうか。仮に晴れの日の露出の例でISO100に設定したとします。そのとき1/125秒でF16となった場合、絞りを少し開けると1/500秒でF8となります。

この状況でND500を使うとF8で1秒ということになります。

そして絞りをF16とした場合は4秒という長秒時で露光できるため、昼間でも滝や川の流れを迫力あるように演出することができます。

 

晴れの日でも迫力ある動感表現ができるNDフィルターをぜひご活用ください。

 

 

PRO ND500 露出対応表


 フィルター未使用  PRO ND 500使用 
 1/8000秒  1/15秒
 1/4000秒  1/8秒
 1/2000秒  1/4秒
 1/1000秒  1/2秒
 1/500秒  1秒
 1/250秒  2秒
 1/125秒  4秒
 1/60秒  8秒
 1/30秒  15秒
 1/15秒  30秒

 

 

ND500以外のNDフィルターを使用した場合のシャッタースピードについては、下の関連リンクを参考にしてください。

<文:広報・宣伝課 田原 栄一>

 

 

カメラ男子へのバレンタインギフトには高級フィルターを!

 
Posted:2014.02.04 ブログを購読
2014020402_blog.jpg

 

もうすぐバレンタインですね!

 

 

カメラ男子に贈るバレンタインギフトに「フィルター」はいかがでしょうか?

フィルターといってもコーヒーフィルターのことではございません!!

 

ここで言うフィルターとは、カメラレンズに取り付けることで、レンズを守ったり撮影時に特殊な効果を付けたりすることができる「レンズフィルター」のこと。

 

カメラを嗜む男子には必須アイテムなのです!

 

 

プレゼント用として、ケンコー・トキナーが誇る高級フィルター「Zetaシリーズ」をピックアップしました。どれを贈っても喜ばれること間違いありません!(保証はいたしかねます…)

 

 Zeta プロテクター

レンズ保護フィルターの中では最高級モデル!撮影時の効果はナシ。

製品ページ

 

Zeta EX サーキュラーPL

PLフィルターの中では最高級モデル!反射除去、コントラスト強調効果。

製品ページ

 

Zeta ND8

カメラに届く光の量を8分の1に減らすことができるフィルター。流し撮りで動感を表現できる!

製品ページ

 

 

NDフィルター?PLフィルターって何…?という方は各自調べていただくとして…

 

 

★贈る相手が使用しているカメラレンズの「フィルター径」を調べよう!★

 

 

贈るフィルターが決まったら、相手が使用しているレンズにピッタリのサイズを調べる必要があります。

サイズが違うとレンズに取り付けることができません。

 

ここでポイントになるのは「フィルター径」

 

レンズの機種名がわかっている場合は、レンズメーカーのWEBサイトで「フィルター径」あるいは「フィルターサイズ」の欄を調べましょう。

 

レンズを実際に見ることができる場合は、印刷されている数値をチェック!

 

20140204_blog.JPG

 

ほとんどのレンズ本体には、「Φ」というマークがどこかにあります。

上の写真のように「Φ77」と印刷してあれば、フィルター径は77mmということになります。

 

この場合、フィルター径が77mmのフィルターを購入すれば、レンズに正しく装着することができます。

 

ご注意!レンズによっては、魚眼レンズなどその構造上フィルターを取り付けることができないものもございますのでご了承ください。

 

 

チョコレート以外の一味違うバレンタインギフトに、ぜひご検討ください!

(WEB担当:A)

 

 

「保護フィルター」の強度テストをしています

 
Posted:2014.01.30 ブログを購読

20140127_test01.jpg

 

レンズを守る「レンズ保護フィルター」の、強度テストをしています。

高い位置から鉄球を落とし、フィルターが割れるか割れないか…!?

 

私(WEB担:A)が鉄球落とし係だったのですが、ちょっと怖かったです。

おっかなびっくり鉄球を手から離しました。

 

20140127_test02.jpg

 

さて、一体このフィルターはどうなってしまうのか…?そもそもこのフィルターの正体は…!?

すべてはCP+2014のケンコー・トキナー/スリックブースで明らかに!!

 

(WEB担当:A)