ケンコー・トキナースタッフブログ


カテゴリー「商品情報」

防水デジカメ「DSC880DW」がスマッシュヒット!

 
Posted:2013.08.23 ブログを購読

通信販売大手サイトAmazon.co.jpの「コンパクトデジタルカメラ」カテゴリにおいて、

ケンコーブランドの防水デジカメ「DSC880DW」が、2013年8月22日のベストセラーランキング10位にランクインしました!

 

発売以来、「フィルム判換算で14mm相当の画角」と「トイカメラっぽい写り」が話題となっております。

 

防水機能を備えているので水濡れも気にせずに、この夏は「DSC880DW」で楽しい思い出を撮影しましょう!!

 

 

 

(WEB担当:A)

 

コッキンフィルターで試し撮り!(その2)

 
Posted:2013.02.26 ブログを購読

風が冷たい冬の日、江戸川沿いで春色のハーフカラーフィルターを使ってみました。

IMG_0123.jpg
A671フルーピンク2使用。
IMG_0120.jpg
A671未使用。
IMG_0127.jpg
A666フルーブルー1使用。
IMG_0128.jpg
A666未使用。
IMG_0132.jpg
A669フルーモーブ2使用。(水面に着色しています)
IMG_0129.jpg
A669未使用。
IMG_0135.jpg
A667フルーブルー2使用。
IMG_0133.jpg
A667未使用。
IMG_0141.jpg
A668フルーモーブ1使用。
IMG_0138.jpg
A668未使用。
IMG_0142.jpg
効果フィルター未使用。
IMG_0149.jpg
A671フルーピンク2使用。
IMG_0145.jpg
A667フルーブルー2使用。
IMG_0153.jpg
A668フルーモーブ1使用。
 

コッキンフィルターで試し撮り!

 
Posted:2013.02.17 ブログを購読

ケンコー・トキナーで輸入総代理を行っている海外製フィルターの一つに「コッキン」があります。フランスのファッションフォトグラファーであった「ジャン・コカン」によって作り出された、160種類を超えるフィルターは、角型をメインに様々な効果の製品がラインナップされ、フィルターの効果を簡単に楽しめるよう、ワンタッチで交換できるシステムを完成させました。

そこで様々なフィルターを使って撮影してみました。

092.JPG
A092「ドリーム2」使用。
092wo.JPG
A092未使用。
120.JPG
A120「グレー1」使用。
120wo.JPG
A120未使用。
121F.JPG
A121Fフルグレー2使用。
121Fwo.JPG
A121F未使用。
121S.JPG
A121S「ソフトグレー2(ハーフND8)」使用。
121Swo.JPG
A121S未使用。
123.JPG
A123ブルー2使用。
123wo.JPG
A123未使用。
123F.JPG
A123F(フルブルー2)使用。
123Fwo.JPG
A123F未使用。
142.JPG
A142ネットホワイト1使用。
">142wo.JPG
A142未使用。
143.JPG
A143ネットブラック1使用。
143wo.JPG
A143未使用。
144.JPG
A144ネットホワイト2使用。
144wo.JPG
A144未使用。
145.JPG
A145ネットブラック2使用。
145wo.JPG
A145未使用。
151.JPG
A151フォグ2(ハーフ)使用。
151wo.JPG
A151未使用。
197.JPG
A197サンセット1使用。
197wo.JPG
A197未使用。
672.JPG
A672センタースポットピンク&ブルー使用。
672wo.JPG
A672未使用。
694.JPG
A694サンソフト使用。
694wo.JPG
A694未使用。
695.JPG
A695シャンパン使用。
695wo.JPG
A695未使用。
697.JPG
A697ディフューザーウォーム使用。
697wo.JPG
A697未使用。
820.JPG
A820ディフューザーライト使用。
830.JPG
A830ディフューザー1使用。
840.JPG
A840ディフューザー2使用。
850.JPG
A850ディフューザー3使用。
 

タムラックの気になる「特長」

 
Posted:2011.08.29 ブログを購読

ケンコー・トキナーが日本総代理を務める、アメリカのカメラバッグメーカー「タムラック」。タムラックはケンコーが1995年から販売していますが、近年、「カメラバッグっぽくないカジュアル感覚の製品」が増えています。

しかし、元々のタムラックは「ハードユースに耐える米国製カメラバッグ」。今回気になったのは、米国製のラインナップである「タムラック606」に採用されている二つの特許機能「レンズゲートディバイダーシステム」と「レンズブリッジディバイダーシステム」です。

 

タムラック606

 

レンズゲートディバイダーシステム

タムラックは1977年より布製カメラバッグを製造・販売しています。

それ以前、カメラバッグといえば「アルミケース」か「革製のガゼットケース」でした。カメラとレンズの仕切はしっかりしており、収納時はカメラとレンズを外してしまっていました。

素早くカメラを取り出せるようにタムラックが考案したのが「レンズゲートディバイダーシステム」。カメラにレンズを付けたまま収納できるように形状を工夫しています。「レンズゲート」を開ければ、レンズ部がちょうど収まる形状になります。

 

lensgate_2.jpg

 

「レンズゲート」を開いたところ。

 

lensgate_1.jpg

 

レンズゲートを閉じると、従来のカメラバッグのように「カメラ」と「レンズ」を取り外して収納できる仕切となります。

 

lensgate_3.jpg

 

指で持っているところが、レンズゲートディバイダー。

 

もう一つの特長が「レンズブリッジディバイダーシステム」

 

lensbridge_1.jpg

 

「レンズブリッジ」は、カメラバッグの高さを有効に活用するために、レンズとカメラを2段重ねとできるように工夫された仕切です。下段にレンズを入れておいても、「レンズブリッジディバイダーシステム」によって、その上にカメラを収納できるようにできます。

 

lensbridge_2.jpg

 

上段にカメラがおけるように仕切をセットしたところ。

 

この二つの「特長」は、アメリカ特許を取得しています。

「タムラック606」が、コンパクトながら、高い収納性と取り出しやすさが両立できたのも、これらの工夫によるものです。

 

旅に連れて行く機材

 
Posted:2011.08.22 ブログを購読

学生時代の友達と会うために、大阪へ旅発つことになりました。

ちょっと節約でバス旅を選択。高速バスは大阪まで8時間半、と大変時間がかかるけど、車窓を楽しみながら行こうという魂胆です。

osaka_1.jpgのサムネール画像

 

車窓を楽しむために用意したのが双眼鏡。

osaka_0.jpg

 

ケンコーには様々なラインナップがありますが、旅だからやっぱり軽量なモノを、というのが選択ポイント。

でも、見え味にはこだわりたい。そこで、8倍のモデルの中で、コンパクトな「25mm径以下」は外して、32mm径のものを選びました。ウルトラビューOP EX8X32 DH II。ケンコーの双眼鏡主力工場である、フィリピン工場製です。

2階建ての高速バスからの視界はさずがにいいものです。

滋賀県の風景で印象に残る「近江富士(三上山)」もしっかり確認。(と同時に手前のクルマを入れて、トキナーAT-X 116 PRO DXで撮影しました)

osaka_3.jpg

夜6時半にようやく大阪に到着。

雨が小降りでしたが、大阪名物のグリコの看板を撮りました(節電のためか点灯してませんでした。)

バリアブルNDXをつけて長時間露光。

雨の水滴が写り込んでいるのはご愛敬です。

 

 

osaka_2.jpg

 

さらに泊まったホテルの窓から道頓堀を撮影。

スノークロスをAT-X 116 PRO DXの16mm側で撮影しました。

osaka_5.jpg

F2.8

 

osaka_6.jpg

F11

 

夜景撮影のイルミネーションを派手に見せるために露出補正は+1に。F11だとスノークロスの「クロス」が切れているのがわかります。クロスをきれいに写すには「開放F値」としたほうがいいでしょう。

宣伝・広報・NET課 田原 栄一