ケンコー・トキナースタッフブログ


渡月橋でコッキン「NUANCES 256」を使う!

 
Posted:2016.04.30 ブログを購読

2016年4月27日に発売となった、フランス・コッキン社製の新フィルター「NUANCES(ニュアンス)」。NDフィルターで問題となる色転びを避け、フラットな特性を実現したフィルターで、最大ND1024までの高濃度モデルがあります。

今回はフルサイズのカメラにトキナー「AT-X 24-70 F2.8 PRO FX」、さらにコッキン「NUANCES 256」と三脚を持って、関西の出張に。ND256のスペックを活かせる撮影場所として、小学生時代から何度も通った景勝地である、京都・嵐山の「渡月橋」へ向かいました。

 

CK-NUANCES-L256.jpg今回使用した、コッキンNUANCES 256

 

cokin_howto.jpg
角型フィルターなのであらかじめアダプターリングとホルダーが必要です。ホルダーさえつけておけば、取付はフィルターをスライドさせて取り付けるので着脱はラクラク。特に高濃度NDでは、構図決定・ピント合わせをフィルターがない状態で行うので、着脱を頻繁に行います。そういったところでは角型のメリットがあります。

突然ですが、失敗作例から。

DSC_1457.jpgDSC_1458.jpg
左が効果フィルターなし、右がコッキンNUANCES使用。

ところで、渡月橋の手前で撮ったカットで早速失敗・・・ND256は8絞り分の減光。絞りはF16の状態で効果フィルターなしで1/20秒、NUANCES 256使用が10秒というシャッタースピードですが、使用した方が画面真ん中にマゼンタっぽいモヤがでています。
実は雲が多い日で光量も少なかったので「ファインダーからの逆入光」の対策をうっかりせずに撮ったら、見事に逆入光が写り込んだ・・・というものです。

普段は問題が出ない逆入光も、高濃度NDフィルターの世界では、レンズからの光量が数百分の1から千分の1となり、写真に影響します。アイピースシャッターがあるカメラならアイピースシャッターの使用、そうでない場合はファインダーカバーかまたはレンズクロスなどの布をファインダーの接眼窓にかけるだけでも対策できますので、何らかの対策が必要です。

 

 

大堰川の流れ
DSC_1473.jpg

渡月橋の下を流れる、大堰川(桂川)を撮影しました。効果フィルターがない状態でF8.0 1/80秒 ISO-100。流れを黒く、波だった部分を白く表現するため、-1EVの露出補正を行いました。


DSC_1474.jpg

NUANCES 256を使用。絞り優先AEでF8.0 0.8秒となりました。露出補正はそのまま。

 

DSC_1475.jpg
暗く表現されたのが気になり、露出補正を0に。結果F8.0 2秒になりました。ファインダーからの逆入光は露出設定にも影響します。撮ってみてイメージよりも暗い場合は露出補正を調整する必要もあります。

DSC_1529.jpg

 

DSC_1528.jpg

上:コッキンNUANCES 256使用、下:効果フィルター未使用。

コッキンNUANCESは高精度なNDのため、フィルターの有無で色が変わらない・・はずなのに、変化がでた例です。AWB(オートホワイトバランス)を使って撮影した場合、色調の差が出ることはあり得ます。この例はAWBでの撮影でしたので、太陽光マークに合わせ直したところ、色調の差が出ることはなくなりました。

 

DSC_1512.jpg

効果フィルター未使用F8.0 1/40秒 ISO-100 24mm域

 


DSC_1513.jpg
コッキンNUANCES 256使用。F8.0 4秒 24mm域。Pシリーズフィルターホルダーのうち、ワイド対応のコッキンP299を使用したものの、ケラレが発生。P299自体は20mm対応としていますが、ホルダー部の内径が75mmのため、フィルター径82mmのトキナー 24-70 F2.8 PRO FXではケラレます
DSC_1515.jpg

コッキンNUANCES 256
使用。F8.0 6秒 焦点距離を29mmとして、ケラレをなくしました。

DSC_1521.jpg
コッキンPURE EXCELLENCE C-PLNUANCES 256を重ね使用。C-PLの先に82mmアダプターリングとP299を重ねました。焦点距離は34mmとして、ケラレ対策。
F8.0 30秒 ISO-100

 
DSC_1522.jpg

F16 30秒 ISO-100 34mm域。

30秒というスローシャッターで雲を流しました。

コッキンNUANCES 256という高濃度フィルターでは、肉眼を超えた写真世界を表現できます。
ガラスフィルターの角型は、移動時にはホルダーに入れたままだと落下、破損の危険があるため、必ず取り外して移動すること、といった注意を守り、新たな作品造りに活かしていただければ幸いです。

コッキンNUANCESを触って検討できるケンコー・トキナーサービスショップ(中野)

http://www.kenko-tokina.co.jp/service-shop/ 


<写真・文:広報・宣伝課 田原 栄一>

 

 

 

 

 

 

ローポジション撮影に「クリップヘッド90」

 
Posted:2016.04.24 ブログを購読

 

4961607503256_300_300x300.jpg

三脚でローポジション撮影をするとき、普通、三脚を開脚して対応します。

しかし、三本の脚の真ん中にカメラがあると被写体に近づきづらいことがあります。スリックではかなり前から気づいたのでしょう。脚のパイプにカメラを取り付けるアクセサリーを作っていました。「スリック ロアー」、1970年代のシステム三脚のアクセサリーとしてです。その後、脚パイプの真ん中に雲台を取りつけるパーツを装備した「88D」を発売したこともあります(しかしながら、このコンセプトの製品は今は作られていません)

今、発売されている同様のアクセサリーは「ロアーII(クランプヘッド32)」がありますが、一番の問題はカーボン三脚に使えない、ということ。カーボン三脚にクランプを使うと、パイプがミシミシ音がする(割れそうになる)ことがあります。

そこで、軽量機材用ですが、カーボンパイプにも使えるのが「ケンコーSP クリップヘッド90」。

カーボンパイプに取り付けても、このクリップであれば悪影響はありません。

1kgまでの搭載機材に対応するわけですので、今回はOM-Dで撮影するのに使いました。
DSC_1429.jpg
DSC_1424.jpg

かなり低い位置で撮影できますので、ローポジションでの撮影に大変便利です。

<写真・文:広報・宣伝課 田原 栄一>

 

14-20mmF2を持ち歩いて

 
Posted:2016.04.17 ブログを購読

トキナーの最新レンズは、AT-X 14-20 F2 PRO DX。

開放F値がF2と明るい、画期的な広角ズームレンズです。

APS-Cフォーマット専用レンズですが、物理的にフルフォーマットのカメラに取り付けできないわけでないので、ニコンD610に取り付けて使ってみました。今までのトキナー「DX」レンズの場合、望遠端ではフルサイズをカバーすることが多いのですが、AT-X 14-20 F2 PRO DXはさすがに大口径な設計だけに、フルフォーマットの対応は無理そうです。でも、ケラレがどのくらいか、フルフォーマットで撮ってみました。

DSC_1335.jpg

F2.0 1/1000秒 ISO-100 +1.3EV AT-X 14-20 F2 PRO DXの20mm域 最短撮影距離

 

DSC_1339.jpg

 

 F2.0 1/1000秒 ISO-100 +0.7EV AT-X 14-20 F2 PRO DXの20mm域

20mmでもF2.0の開放で最短撮影距離の28cmなら、ものすごく被写界深度が浅いのがわかります。

ピント合わせが大変ながらも楽しめる大口径ズームです。

<写真・文:広報・宣伝課 田原 栄一>

 

 

名残の桜を探して望遠レンズで

 
Posted:2016.04.14 ブログを購読

桜が咲いたと思ったら、もうほぼ散ってしまった今日この頃。

でもよく見てみるとまだ花が残っている桜が・・・

 

DSC_1174.jpg
周りがほぼ葉桜なのに、花が残っていた桜の木。

そこで、今シーズン最後の桜撮影を楽しむべく持ち出したのが「トキナーAT-X 70-200 PRO FX VCM-S」です。トキナー伝統の中望遠ズームといえば、80-200mmF2.8ですが、最短撮影距離を1mと短く、手ブレ補正機能を入れ、さらに超音波モーターも・・・とさまざまな進化をしつつ、コンパクトなサイズとするために、F4の開放F値としたモデルです。

tokina_70_200FX_L-thumb-450xauto-1629.jpg

 


DSC_1195.jpg
F4.0 1/1000 ISO-200で撮影。200mm域。

DSC_1195_1.jpg
部分拡大

しかしながら、ピントを合わせたかった中央左寄りのピンク色が強めの花のシベにピントが来ていません。ライブビュー+マニュアルフォーカスで合わせてもいいのですが、風があって揺れる中では、やはり素早く合わせたいものです。そこで、このレンズならではのリング型超音波モーターの採用で、AFから切替なしにマニュアルフォーカスできるので、ピントの微調整をおこないました。

DSC_1196.jpg
F4.0 1/1000 ISO-200で撮影。200mm域。
DSC_1196_1.jpg
部分拡大

狙ったところにピッタリピントが合いました。

高解像ながらボケ味も重視というコンセプトのトキナーAT-X 70-200 PRO FX VCM-S

中望遠レンズながら最短撮影距離が1mと寄れるのも魅力です。花や風景の撮影にもオススメです。

<写真・文:広報・宣伝課 田原 栄一>

 

 

5月21日「素敵なフォトライフセミナー」でお話しします!(日本写真映像用品工業会主催)

 
Posted:2016.04.13 ブログを購読

5月21日土曜日、JCIIビル(東京都千代田区、半蔵門駅近く)で開催される「素敵なフォトライフセミナー」にて、チーフデモンストレーターの田原栄一がお話ししますので、告知させていただきます!

 

hata.jpg
このセミナーは2部制。
前半は、ストロボを使っての風景写真表現が得意な、小山光弘先生と田原栄一がハーフND、レフ板、ストロボ等のライティングテクニックのお話しをします。
後半は「「秦流風景撮影の極意を内緒で教えます!」という題で、風景写真家の秦達夫先生のセミナーです
このセミナーは無料ですが、受付は電話またはファックスのみ。先着80名様までですので、ご希望の方は早めに申込を。

<文:広報・宣伝課 田原 栄一>