ケンコー・トキナースタッフブログ


桜の咲く流鉄 幸谷から馬橋を散策。

 
Posted:2016.04.05 ブログを購読

 

DSCF0001.jpg

レンズベビーベルベット56 F5.6 1/60秒 ISO100

レンズベビーベルベット56はマニュアルフォーカスです。来た電車に合わせて流し撮りしました。予めピントを合わせる「置きピン」のため、マニュアルフォーカスであるデメリットは感じません。絞りをF5.6まで絞るとソフトフォーカスではなくなります。

 

東京から近いローカル線という印象の流鉄流山線。

http://ryutetsu.jp/

終点の馬橋と隣の駅の幸谷の間、線路に沿って桜が満開なので、早速撮りに行きました。

今回はトキナーAT-X 14-20 F2 PRO DXAT-X M100 PRO Dレンズベビーベルベット56の3本、さらに三脚は背の高さを優先した「スリック プロ 500 LE5」を用意しました。

 

velvet56_bk_sv_300_300x300.jpg
レンズベビーベルベット56


桜をソフトに撮るならソフトフォーカスレンズ、と思ってセレクトしたのがこのレンズ。昨年6月の発売のため、桜を撮るのは初めてということになります。

DSCF0007.jpg

F2.0 1/640秒 ISO100

開放絞りF1.6のベルベット56ですが、わずかに絞ってF2.0でもかなりのソフトフォーカスです。桜と電車の組み合わせを狙いました。

 

 

DSCF9987.jpg
 F1.6

 

DSCF9989.jpg
F2.0

DSCF9990.jpg
F2.8

DSCF9991.jpg
F4.0

レンズベビーのベルベット56は絞り設定によってソフト描写が異なってきます。撮影距離等によっても異なるので、一例としてご覧ください。

 

 

DSCF9975.jpg
AT-X M100 PRO D F2.8 1/750秒 ISO200 -1.3EV
100ミリという画角で背景を緑として、桜のピンクを対比させてみました。


DSCF0011.jpg
AT-X 14-20 F2 PRO DX 15mm域 F2.0 1/320 +0.3EV ISO200
最短撮影距離28cmの状態で、トキナー伝統のワンタッチフォーカスクラッチを切り替えてマニュアルフォーカスに。カラダを前後してピント合わせしました。

DSCF0014.jpg
AT-X 14-20 F2 PRO DX 14mm域 F8.0 1/80 +0.3EV ISO200
背景の電車の姿がわかるようにF8.0に設定して撮影しました。ベルベット56とはまったく違う表現に。

DSCF0016.jpg
AT-X 14-20 F2 PRO DX 20mm域 F2.0 1/250 +0.3EV ISO200

3つのレンズがそれぞれ楽しめた撮影となりました。桜の季節、ぜひトキナーレンズやレンズベビーで撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか?

<写真・文:広報・宣伝課 田原 栄一>

 

 

 

 

 

 

KT中野ビルから、桜まつり開催の新井薬師公園方面へ桜撮影。

 
Posted:2016.04.02 ブログを購読
DSCF9921.jpg

ケンコー・トキナーの本社、KT中野ビルは、桜並木がずっと連なる中野通りに面しています。2016年は4月1日から3日が地元の「中野通り桜まつり」。祭りが開催されるのは、KT中野ビルから徒歩で10分ほどの新井薬師公園。そこで桜の姿を追って、そこまで歩いて撮影することにしました。

 

DSCF9923.jpg

街中での撮影のポイント

トキナーでのオススメは「AT-X M100 PRO D(ニコン用またはキヤノン用)」。

画角が広いと桜が「まばら」な感じに写ります。

一方で人間の目で凝視したときの感覚は、80mm~100mmくらいの中望遠に近い、といわれています。また、望遠レンズの「圧縮効果」によって、前後の距離が短く感じられ、被写体のボリューム感が出ます。そこで、桜のボリューム感を出すには、100mmクラスがいいでしょう。(今回の作例はAPS-Cフォーマットのデジタル一眼レフを使用しました)

 

DSCF9925.jpg

桜の色が出にくいときの撮影方法

・曇り空のときは、ホワイトバランスを積極的に曇天や日陰として、温調の色味を強調します。

・裏技としては、1Bスカイライトフィルターを2枚重ねにし、ピンク色を着色する方法もあります。この写真は1Bスカイライト2枚重ねで使用しました。

 

DSCF9926.jpg

桜をふんわりと表現できる、ソフトフィルター。

街中で桜をアップで撮影しました。曇り空だったので、建物を背景に撮りました。

 

DSCF9928.jpg

PRO1DプロソフトンA(W)

 

DSCF9929.jpg

MC PROソフトンB

 


DSCF9933.jpg
フォギーB

ソフトフィルターには、光のニジミによるソフト効果を使った「PROソフトン」「ソフトンスペック」と、画面全体を白っぽくすることで、霧の中のような雰囲気を出す「フォギー」があります。

 

 

DSCF9935.jpg

強く色づけする「トワイライトレッド」フィルターを使いました。

 

 

桜と周囲の雰囲気の両方を撮るなら「北野神社」と「新井薬師 梅照院」

DSCF9941.jpg

北野神社での一枚。「AT-X M100 PRO D」を使いました。

100mmの画角で、背景の写る範囲を狭くし、桜のボリューム感を出しました。

 

DSCF9943.jpg

落ちた花と周囲の雰囲気を一緒に。(トキナー AT-X 14-20 F2 PRO DX

 

梅照院の中では、桜とともにお寺の雰囲気をワイドレンズで一緒に撮影することができます。

DSCF9954.jpg DSCF9955.jpg

いずれも「トキナー AT-X 14-20 F2 PRO DX

狭い境内でも、建物と桜の両方を画面に納めることができます。(写真は上が20mm、下が14mm域で撮影。)

 

KT中野ビルから新井薬師公園、さらに新井薬師梅照寺まで、歩きながら撮影されてはいかがでしょうか?

お越しの際は是非、KT中野ビル2Fサービスショップへもお立ち寄り下さい。

 

3月25日はフィルターセミナーのダブルヘッダー!

 
Posted:2016.03.15 ブログを購読

 

sakura.jpg

つい最近まで暖かかったと思ったら、寒い日が続いたり・・・と春が待ち遠しくなる今日この頃。

春本番に向けて、フィルターセミナーも充実させるべくはりきっております。

3月25日は

17:00~18:00 ケンコー・トキナー本社 KT中野ビル2Fスタジオにて

「PLフィルター使いこなしセミナー」

を開催。(予約不要・無料)

 

また

19:30~20:30

ケンコーフィルターセミナー(NDフィルターの使い方、クローズアップレンズ、ソフトフィルタ-)

をビックカメラ・池袋東口カメラ館にて開催します。

このセミナーは予約が必要(無料)ですので、予約をお願いします。

http://www.biccamera.co.jp/shopguide/news/seminar/camera.html

 

写真は昨年撮影の桜。トキナーAT-X 116 PRO DXIIにPRO1D ACクローズアップレンズNO.3を取りつけて撮影。

 

(写真・文 : 広報・宣伝課 田原 栄一)

 

 

CP+2016ケンコー・トキナーブースにご来場ありがとうございました!

 
Posted:2016.03.04 ブログを購読

CP+2016ケンコー・トキナー/スリックブースにご来場いただきありがとうございました。

今回初の試みである「ワールドプレミアアワード」では、「激落ちくんカメラレンズクリーナー」でフォトアクセサリー部門のグランプリをいただきました。誠にありがとうございました。

CP+2016ケンコー・トキナー/スリックブースの様子をまとめてご紹介したいと思います。

 

_DSC2781.jpg

朝一番のお約束、萩原先生と私、田原の「新製品紹介」。今年は製品点数もユニークな製品も多く楽しかったです。



_DSC2793.jpg

激落ちくんカメラレンズクリーナーを手に、小澤先生と高橋先生。

 

_DSC2816.jpg

トキナーカウンターはブースの中央。AT-X 14-20 F2 PRO DX等のレンズを多くのお客様にご覧いただきました。(中野のケンコー・トキナーサービスショップにありますので、CP+で触れなかった方はぜひ中野に。)

 

_DSC2818.jpg

今回は光学製品も総合ブースに移動。参考出品の「スカイメモT」も展示しました。

 

_DSC2819.jpg

MIL TOLのスコープアイピース。

 

_DSC2821.jpg

近日発売予定のEDフラットナーをとりつけたMIL TOL400mmF6.7。

 

_DSC2822.jpg

クリップレンズなど、スマホアクセサリーも充実。

 

_DSC2823.jpg

トキナーカウンター裏側には、SAMYANGとレンズベビーカウンターが。

 

_DSC2836.jpg

今回のCP+ケンコー・トキナーブースで初登場の映像作家、中村知好先生のステージ。多くのお客様に集まっていただきました。


_DSC2849.jpg

今回のCP+でトキナー三姉妹の長女として登場した、伊藤沙弥香(いとう さやか)さん。

 

_DSC2850.jpg

高橋良輔先生とトキナー三姉妹の次女、斉藤明日美(さいとう あすみ)さん。なぜかステージ下に萩原先生が。

 

_DSC2859.jpg

田中杏実(たなか あみ)さんと高橋良輔先生。

 

_DSC2903.jpg

三姉妹揃っての撮影タイムも盛り上がりました!

CP+2016はおかげさまで無事終了。気になる新製品をチェックしそびれた、という方のために、3月11日(金)17:00~18:00にもう一度「ケンコー・トキナー新製品振り返り会」を開催します。(ケンコー・トキナー本社スタジオ)ぜひお越し下さい。

 

(写真:小河 俊哉氏 文:広報・宣伝課 田原 栄一)

 

激落ちくん カメラレンズクリーナーが「CP+2016ワールドプレミアアワード」でグランプリに選定されました!

 
Posted:2016.03.01 ブログを購読

平成28年2月25日(木)から28日(日)まで、パシフィコ横浜で開催された、カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2016(シーピープラス2016)」。

多くの方にご来場いただき、ありがとうございました。

その中で、新しく催されたのが「CP+2016注目企画」として「来場者の方々の投票で決める!ワールドプレミアアワード」というものです。

 

aword.jpg

 

これは、1月10日以降に世界初発表された、つまりCP+で世界初発表がされた製品「ワールドプレミア製品」の中からグランプリを決めるもの。来場者の方の投票によってきまるもので、2月25日(木)~27日(土)の10時から18時まで(25日のみ12時から)展示ホール内の投票ブースにて投票されました。

4つの部門のうち、フォトアクセサリー部門でグランプリに選定されたのが「激落ちくん カメラレンズクリーナー」でした。

4961607872024.jpg

 

ケンコー・トキナーブースで製品に触れていただき、体験していただいた皆様の投票のおかげと感謝しております。ありがとうございました!

(広報・宣伝課 田原 栄一)