ケンコー・トキナースタッフブログ


雨天時の写真撮影をサポート!「カメラレインカバー」を使ってみました

 
Posted:2015.09.17 ブログを購読

雨の日が続きますね…。そろそろ外で写真を撮りたーい!と思っていたら、いい商品がありました!

「カメラレインカバー DG-M」!!なんだか見た目(↓)てるてる坊主みたいですね…

 

取付方法はとっても簡単!

1.レインカバーのアクリル窓とカメラの液晶モニターを合わせるようにして

kenko_raincover_01.jpg

 

2.上のゴムベルトの輪っかにレンズをくぐらせ、下のゴムベルトと面ファスナーで固定します。

kenko_raincover_02.jpg

 

3.あとはレンズフードを覆うようにして、面ファスナーで留めたら完成です。

kenko_raincover_03.jpg

 

下から両手をつっこんでカメラを持ち、いざ撮影!

kenko_raincover_dg-m.jpg

アクリル窓から液晶画面も見えますし、ファインダーを覗くことも可能!ちなみに私はおでこをしっかりくっつけて、ファインダーで覗きながらの撮影をオススメします。雨の日のシャッター速度低下による手ブレ防止&アクリル部に水滴がつきにくい効果が!

kenko_raincover_04.jpg

 

レンズフードに巻きつけるようにして装着しますので、ズームリングやピントリングの操作も快適です。しかしながら、だんだんとカバー内湿度が高くなって曇ってきたりベタついてきますので、時折裾をパタパタさせたり曇りを拭ったりして湿度を下げてください。

kenko_raincover_06.jpg

 

折りたためばこんなに小さくなるので、バッグやポケットに気軽に入れておけますね♪

kenko_raincover_05.jpg

 

<ご注意!!>

この製品は撮影機材を雨から完全に保護することを保証するものではございません。また、この製品の使用によって生じたいかなる損害にも弊社は責任を負いかねます。

・長時間の使用や、風雨の強い時の使用はお控えください。

・撮影中はカバーがずれたりしていないかこまめにチェックしてください。

・レンズを覆ったところから水滴がわずかに侵入しますので、こまめに屋根のあるところで休憩して水滴を拭いてください。

 

今回使用したMサイズのDG-Mは一眼レフ+標準ズーム+フードの組み合わせに最適です。LサイズのDG-Lは、さらに長い望遠ズームレンズに対応。

しかしながら、全長が短い、小さなレンズにはどちらのサイズも適しません(レンズカバーが機材に対して大きすぎてブカブカになってしまいます)のであしからず…っていうか私50mm単焦点レンズ使うこと多いんでSサイズもどうか作ってくださーい!

 

(WEB担当:A)

 

関連リンク
カメラレインカバー DG-M(製品ページ)
 

スマートフォン取付可能な顕微鏡「Do・Nature Advance STV-A200SPM」 の紹介動画を作成しました

 
Posted:2015.09.04 ブログを購読

なんとスマートフォンで撮影もできる!200倍顕微鏡「Do・Nature Advance STV-A200SPM」の紹介動画を作成し、YouTubeにアップいたしました。是非ご覧ください!

 

子ども向けのおもちゃと侮るなかれ!なかなかどうしてしっかり撮れるではありませんか!

動画でも使用した、私のiPhone6で撮影した画像データも下に載せておくので参考にしてください。

・60倍 元データ(2.17MB) 
・120倍 元データ(2.73MB)
・200倍 元データ(2.28MB)

タッチの瞬間に少しブレてしまいました…。セルフタイマー機能を使えばもっと綺麗に撮れるので、みなさんぜひチャレンジを!

(WEB担当:A)

 

関連リンク
Do・Nature Advance STV-A200SPM(製品ページ)
 

8月30日、三芳町役場で「写真講習会」開催!

 
Posted:2015.08.26 ブログを購読

 

d8859-172-458760-0.jpeg

このたび、ご縁があり「埼玉県入間郡三芳町」で写真教室を行うこととなりました。9月5日(土)の「みよしまつり」を想定し、花火の撮り方のお話しを中心に行います。ぜひご参加下さい。詳細は三芳町ホームページで。


http://www.town.saitama-miyoshi.lg.jp/form/photolesson.html



(写真・文)田原 栄一



 

 

8月23日「写真のオクヤマ」主催にて「ケンコーセミナーin奥入瀬」開催!

 
Posted:2015.08.17 ブログを購読

青森県十和田市「写真のオクヤマ」主催にて、ケンコーフィルターセミナーを行います!

8月23日 10:00~16:00(募集 20名様)

天の川撮影会 19:00~(募集5名様)

参加費:3,500円

申込締切は8月21日(木)

写真のオクヤマ 0176-21-1515 まで電話にて申し込みください。

 

前半は「奥入瀬 森のホテル」にてセミナー、昼食を挟んで後半は奥入瀬でフィルターや三脚、レンズ等の貸出付きの撮影体験会です。また、今回初の試みとして、夜に天の川撮影会を行います。

写真は前回(2013年7月)の様子です。

KS013.jpg

 

KS032.jpg

 

奥入瀬渓流にて撮影会を行います。

ケンコー・トキナーでは、セミナー活動を通して、写真用品を体験いただき、理解を深める活動を行っています。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

開催場所「森のホテル」

http://www.morino-hotel.com/

「写真のオクヤマ」

http://www.okuyama-photo.co.jp/

(文:株式会社ケンコー・トキナー 広報・宣伝課 田原 栄一 写真:写真のオクヤマ提供)

 

たまがわアマゾン展|8月19日まで開催中

 
Posted:2015.08.05 ブログを購読

物販コーナーに当社製品を出している関係で、行ってまいりました「たまがわアマゾン展」。

東急田園都市線二子玉川駅改札を出て西口方面に進むと玉川高島屋S・C南館が見えてきます。上階の連絡通路を使っても行けるとおもいますが、道から直接会場に入れますので地上から玉川高島屋S・C西館を目指すのがよいかと。

西館手前の道を歩いていると看板が見えてまいります。

 

チラシやポスターで主役を張っている巨大ワニ、クロカイマンのロボットは中々の迫力です。あの大きさの肉食動物が地球上で未だ生息している事にはなんだか感慨深いものがあります。

男の子は大喜びでしょう。

 

また、ピラニアなどの牙魚やナマズ、肺魚などの古代魚といった魚類が豊富に展示されています。

なんだか深海魚じみた彼らの姿。

きっと男の子は大喜びでしょう。

 

水槽で泳いでいる牙魚のペーシュ・カショーロは15センチ弱とそれほど大きくありませんが、水槽の隣にある顎の骨と頭部の再現模型はなかなか凶悪な大きさです。下顎から伸びる2本の細い牙が5センチ前後。さすが最大1mになる魚類。

確実に男の子は大喜びでしょう。

 

せわしなく動き回るミニチュアのサメと言った様相のブルー・カンディルと、感情の読み取れない顔でズラリ並んだ牙をのぞかせるレッド・ピラニアの水槽は大きめで、中で泳ぐ魚影も多めです。何匹かがこちらを向いて泳いできている時はなかなかの怖さがあります。

間違いなく男の子は大喜びでしょう。

 

倒木に擬態する魚、水草に擬態する魚なども展示されているのですが、ときに水槽のオブジェか展示の魚なのか判断がつかないことがあります。

ところで枯れ葉に擬態するリーフ・フィッシュの漂う水槽は見ているとなんとも不思議な気分になります。彼ら固そうな体を全く動かさずにゆっくりと水の中をスーッとスライドするみたいに動くのですよ。たまに尾ビレも動かしますけど。

展示されているゼブラアシナシイモリやブラックラバーイールといった、蛇の様に手足のないイモリもまた不思議な生き物ですね。ほとんど動かずに水底に動体を横たえて、水面まで垂直に頭を伸ばして呼吸したり、水底の石に頭を突っ込んで眠ったりしていました。

 

デンキウナギやネブリナアティンガ・ボア、レピドシレン・パラドクサと言った大きい魚もおりました。なんとも愛嬌のある顔つきです。しかし、デンキウナギってあんなに大きいのですね。胴体の直径が15センチはあった気がします。

もう男の子は大喜びでしょう。

 

ここでご紹介した以外にも不思議な生物が展示されております。

生物や生態系といったことに興味がある方、ぜひこの機会に南米の生物の不思議な生物たちを直にご覧ください。

 

 

 


 

10:00~20:00(最終日は18時まで)
※最終入場は閉場の30分前まで

玉川高島屋S・C 西館1F アレーナホール

入場料:大人(中学生以上)600円、子供(3歳~小学生)400円 ※三歳未満無料 

たまがわアマゾン展ホームページ