春を思いのままに表現! | 2011年

季節の小冊子


春を思いのままに表現!

PRO1Dプロソフトン(A)[W]使用

PRO1Dプロソフトン(A)[W]使用

写真ならではの表現の一つに「ソフト効果」があります。 ハイライト部に光のにじみを発生させ、花を軟らかく表現できます。
ソフト効果専用の「ソフトレンズ」というものも市販されていますが、ケンコーの「PRO1Dプロソフトン[A](W)」なら、お持ちのレンズに取り付けるだけで、気軽にソフト効果を楽しんでいただけます。
ズームでも、広角でも、望遠でも、あらゆるレンズに使用可能。プロソフトンフィルターによるソフト効果は撮影時の絞りの設定よりも、レンズの焦点距離により効果の強さが異なります。広角ではソフト効果が弱く、望遠なら強くなりますので、使うレンズ選びも効果の強さに関わります。

PRO1Dプロソフトン(A)[W]

49mm~77mm

希望小売価格(税別)¥4,800~¥8,800

この製品を詳しく見る
PRO1Dプロソフトン(A)[W]使用

PRO1Dプロソフトン(A)[W]使用

画像処理ソフト(フォトショップエレメンツ)でソフトフィルター風に加工したもの

画像処理ソフト(フォトショップエレメンツ)でソフトフィルター風に加工したもの

効果フィルター未使用

効果フィルター未使用

画像処理ソフト「フォトショップエレメンツ」でも、ソフトフィルターのような効果を作ることはできます。
例として「レイヤーの複製」をし、複製したレイヤーに「ぼかし(ガウス)」効果を使用し、透明度を調整します。
元画像と合成すれば「ソフト効果」風になります。この手順は「ピントがあった画像とピンぼけの画像を多重露光」する方法と似ています。
ソフトフィルターを使ったソフト効果は、撮影する「その場の光」の拡散により、独特の雰囲気が生まれます。
画像処理ソフトのソフト効果も、撮影した現場でなくても後付けできる自由さがありますが、本格的な効果を狙うなら、撮影現場でのフィルターワークが必須です。

 

スタンダードな望遠マクロと個性的な標準マクロ

トキナーAT-X M100 PRO D

100mmF2.8マクロフルサイズ対応

希望小売価格(税別)¥70,000

この製品を詳しく見る
トキナーAT-X M35 PRO DX

35mmF2.8マクロAPS-Cフォーマット用

希望小売価格(税別)¥68,000

この製品を詳しく見る

中望遠マクロとして多用ざれる100mmの等倍マクロレンズです。マクロレンズならではのシャープさと、柔らかなボケ味を両立。ざらにトキナーレンズ独自のワンタッチフォーカスクラッチ機構により、快適なマニュアルフォーカスでのピント合わせが可能です。

トキナー AT-X M100PRO D作例

トキナー独特の35mm等倍マクロレンズ。APS-Cフォーマットでの標準マクロです。被写体をアップで捉えるだけでなく、広く背景を取り込んだ画面構成で、花と咲いている環境の両方を描写できます。コンパクトなサイズで、カメラに付けたまま持ち歩きできます。

トキナーAT-X M35 PRO DX作例
2011年 春 の記事一覧