ミラーレンズ400mm F8 富士フイルムX

Cameras / Imaging products - カメラ・撮影用品

» 特設ページ
軽くてコンパクトな400mmF8超望遠レンズ。富士フイルムX用のTマウントが付属。

ミラーレンズ400mm F8 富士フイルムX

|       |   |
ミラーレンズ400mm F8 富士フイルムX
[画像をクリックすると拡大します]
miltol_logo_wh.jpg

400mmの超望遠レンズで有りながら驚くほど軽量・コンパクト。機材を軽くしたいアクティブなシーンや、サブとして超望遠レンズを持ち歩きたい時に便利。

動物・野鳥、花や植物などの撮影に活躍。独特のリングボケが魅力です。

 

手のひらサイズのコンパクト超望遠レンズです。

焦点距離600mm、マイクロフォーサーズでは800mm相当の超望遠レンズとして使用できます。

コンパクト高性能光学系

ミラーには銀蒸着を施し、性能と大きさをバランス良く配慮した設計を実現いたしました。

 

【2013年10月中旬発売】

 


遠くの物を大きく写せる超望遠レンズを、持ち歩きやすい軽量・コンパクトサイズに。

 

kenko400_apsc01.jpg

超望遠レンズによる圧縮効果の作例。画角が狭いため、遠いものと近いもので写真上の大きさの差が大きくでません。上の作例では、この圧縮効果により手前の駅員と、ホームに到着した電車とが実際の距離感より近く見えます。このように、距離の詰まった密度のある写真を撮るために超望遠レンズは必須です。

 

kenko400_apsc02.jpg

野鳥の様子の撮影など、近づいて撮影することが叶わない被写体を、大きくフレームに収めるために超望遠レンズは必須の装備です。ですが、はじめからそういった対象を想定していないと、大きな超望遠レンズはなかなか持ち歩けない物。ミラーレンズなら軽量・コンパクトなので大きな負担になりません。
旅先で、”ひょっとすると出会うかもしれない良い被写体 ”のために、ミラーレンズは最適な選択肢です。

 


kenko400_apsc03.jpg

リングボケは、ミラーレンズの特徴的なボケ味です。点光源をぼかすと、中心が抜けたリング状のボケを生じます。この特徴的なボケをどう活かすかが、作品作りの大きなポイントとなるでしょう。

使用している作例は全てKenko ミラーレンズ 400mm F8とAPS-Cフォーマットのカメラの組合せで撮影しています。35mm判換算で焦点距離600mm相当の画角となります。

画像をクリックすると拡大します。

 
ミラーレンズ400mm F8 富士フイルムX画像01

付属フード

付属フード
焦点距離 400mm
明るさ F8(固定)
レンズ構成 2群6枚
画角 2°4' (600mm換算)
全長

112mm
(レンズ本体のみ:82mm) 

最大径 74mm
重さ 520g
本体 アルミ削り出し
フィルター径 レンズ前面:67mm
レンズ後:30.5mm
最短撮影距離 1.15m
最大撮影倍率 1 : 2.5 (※)
フォーカス方式

前玉繰出し方式
マニュアルフォーカス

絞り羽根 無し
フード

専用フード(付属)
KMH-671

マウント部

Tマウント使用(出荷時装着済み)
マウント長:36mm 

対応マウント フジフイルムXマウント
カラー ブラック
JANコード 4961607419700
希望小売価格 オープン

※この数値はフルサイズ固体撮像素子での使用した場合の数値です。実際に使用するカメラの固体撮像素子サイズによって倍率は変化します。

 

【もっと詳しく知りたい方に】

マニュアル(PDF)がダウンロードできます。性能や操作方法、仕様や注意事項など、詳しい情報が知りたいときはご利用ください。 ミラーレンズ 400mm F8 取扱説明書(2.2MB)

 

MILTOLシステムは、カメラレンズと望遠鏡が1つになった、カスタム式の望遠レンズシステムです。マウントやアイピースなどさまざまなパーツを組み合わせることで、望遠撮影、天体望遠鏡、 フィールドスコープとシーンや目的に合わせて多彩な組み合わせができます。

 

MILTOLシステムチャート

miltolchart_r.jpg

その他のMIL TOL製品を見る(MIL TOL特設ページへ)

カタログ


Kenkoカメラ用交換レンズ 製品一覧

一眼レフカメラフィルター講座
ケンコー・トキナー オンラインショップ