ケンコーフィルター作例|ワンランク上の写真を撮るフィルターの使い方 -金子 美智子

金子美智子 日の出撮影テクニック

感動的な日の出の写真の撮り方

日の出撮影テクニック

 

① 日の出の撮影は、太陽が出て約10分間が勝負です。太陽が出始めて数分経つと光線が強くなるため、手際よく段階露出で撮影すると、失敗が少ないです。

② 日の出の時間と太陽の出る位置(方角)は季節によって異なるため、事前に太陽の出る時間と方角を調べておくことが大切です。

③ 海から水平線からの日の出の撮影の場合、潮の満ち干を事前に調べて置くことが大切です。

④ 日の出の光が強い場合は「ハーフNDフィルター」で上下の露出を調整し撮影すると良いでしょう。

⑤ 日の出撮影の際には、数多く露出や絞りを変えてシャッターをきりましょう。

⑥ 多少天気が悪くても、現地で晴れる可能性がありますので、出かけないで自宅でウダウダするなら、現地に行くべきでしょう。

⑦ 天気の変わり目には「ドラマチックな朝焼け」にめぐりあえるときがありますので、天気を見て出かけるのも良いでしょう。

⑧ 冬の撮影ではカメラの防寒対策が必要です。朝日を撮影するときには気温の低下などによりカメラのバッテリー切れが置きやすくなりますので 必ず予備のカメラの電池は持参するようにしましょう。

⑨ 三脚は日の出撮影には必要不可欠なもの。中型(パイプ径28ミリ前後)以上のものだと安定感があって、安心して撮影に臨めます。あまりキャシャな三脚だと、結果的にブレることがありますので、注意しましょ う。

初めて日の出を撮影するあなたへアドバイス

日の出を撮影するときは、日の出の1時間前には撮影する現場でカメラをスタンバイします。 朝焼けのドラマチックなグラデーションの美しい色合いを撮影します。 太陽が昇ってくると、気持ちが焦ってしまいがちになります。落ち着いて操作することが大切です。 初めての「日の出の撮影」は太陽ばかりに気を取られてしまいがちになります。回りの風景や空気感などを出来るだけ取り入れるよう構図の撮り方が大切になります

 

1. 日の出撮影に必要な写真用品

四季を通して日の出の撮影に必要なものをピックアップしてみました。

カメラ

カメラ・レンズ
カメラ・レンズ
予備電池
予備電池
フイルム・メディア
フイルム・メディア

三脚・アクセサリー(日の出撮影には必要不可欠)

三脚
三脚
スリック プロ 500 DXIII
水準器
水準器

カメラ用アクセサリー)

PLフィルター
PLフィルター
Zeta
レリーズ(撮影には必要不可欠)
レリーズ(撮影には必要不可欠)
ハーフNDフィルター (角ハーフND)
ハーフNDフィルター (角ハーフND)
ハーフND4ハーフND8
Kenko ハーフND4 PRO / ND8
ハーフNDを取り付けるためのアダプター
ハーフNDを取り付けるためのアダプター
ケンコーマルチホルダー100とアダプターリング

あると便利な用品

地図
地図
Do・Nature オイル式コンパス KC-04
Do・Nature オイル式コンパス KC-04
小型ライト
小型ライト
サンガイドRV
サンガイドRV
ブロアー
ブロアー

2. 関東周辺 日の出撮影地ガイド 

遠くに出かけなくても、身近な場所でも日の出の撮影を楽しめるスポットです。

東京都
  • 都庁
  • 東京湾
  • 東京タワー
  • 多摩川河口
神奈川県
  • 江ノ島海岸
  • 真鶴半島
  • 三浦海岸
千葉県
  • 犬吠埼
  • 印旛沼
  • 九十九里浜
  • 手賀沼
山梨県
  • 本栖湖
茨城県
  • 大洗海岸
  • 筑波スカイライン
  • 五浦海岸
栃木県
  • 渡良瀬遊水地
  • 那須ボルケーノハイウエイ
静岡県
  • 南伊豆
  • 御前崎
  • 石廊崎

3. 日の出写真 サンプル

大洗海岸
【大洗海岸】
峠の棚田
【峠の棚田】

4. 初日の出を撮ろう

海岸線からの日の出の撮影で、日本列島で一番早い「初日の出」は千葉県銚子市の犬吠崎です。 他にこの近くで標高の高い山があれば、犬吠崎より少し早くなります。 遠くに出かけなくても、身近な場所ですと、東京都内からの初日の出は、ビルに囲まれているため、高層ビルの東京都庁か東京タワーなど、元旦に上がれる展望台などを利用すると、房総半島から昇る初日の出を見ることが出来ます。

5. 日の出を撮るには

まずドラマチックな日の出を撮影するには、色々な撮影地の情報を入手し自宅からの距離や移動ルートなど自分にあった場所を設定しましょう。 次に日の出を撮影しようとする「撮影地の情報」を入手します。天気予報や日の出の時間と角度の情報を入手します。 撮影機材の準備(日の出撮影に使用する写真機材)を見て撮影に使う機材を準備しましょう。

このページの先頭へ戻る

 
Copyright © Kenko Co. Ltd. All Rights Reserved.