その江 - 手軽にクローズアップフォトを楽しもう

手軽にクローズアップフォトを楽しもう

レンズの焦点距離が決まっていて、マクロ機能もあまり無いレンズを使用している場合、威力を発揮するのがこのクローズアップレンズです。
重たいマクロレンズをもう一本用意しての撮影はフットワークが悪くなるので、気軽にズームレンズ一本付けて、とっさの時に寄って撮りたい!って思ったら、このレンズがお役立ち。

クローズアップレンズ
(資料画像1)
普段使っているレンズの前にねじ込んで使うのがクローズアップレンズ。NEXの16mmなら、フィルター径49mmのものを用意します。
 
【クリックで拡大】 [A]スコーンにマーマレードソースをのせてアフタヌーンティーを楽しみます。あまりにソースに当たる光がキラキラ美しかったのでパチリ。
【クリックで拡大】 [B]ちょっとだけ寄って撮りたくてMCクローズアップレンズ No.3を付けてみました。 さくっとしたスコーンと、とろけるようなソースの美味しさが画面いっぱいに広がりました。

撮影データ:[A],[B]共通 SONY NEX-3 / E18-55mm F3.5-5.6 OSS / 絞り優先オートf5.6 / 露出補正+0.3 / ホワイトバランス:オート / ISO800

フィルターの番号でどこまで寄って撮れるかを何パターンか試してみました。

【クリックで拡大】 [C]18-55mmのズームレンズだけで、最短まで寄って撮ります。
【クリックで拡大】 [D]MCクローズアップレンズ No.3を付けました。
【クリックで拡大】 [E]ACクローズアップレンズ No.5を付けました。
【クリックで拡大】 [F]MCクローズアップレンズ No.10を付けました。

撮影データ:[C],[D],[E],[F]共通 SONY NEX-3 / E18-55mm F3.5-5.6 OSS / 絞り優先オートf5.6 / 露出補正-0.3 / ホワイトバランス:オート / ISO800

休日の街歩き、スナップ撮影では、軽い単焦点レンズを一本付けて出かけることが良くあります。
そんなときも、クローズアップレンズは欠かせません。
思い切りアップでマクロ撮影するというよりも、もう少しだけ望遠が欲しいという感覚で寄って撮ることが出来るのです。

【クリックで拡大】 [G]夕方の窓辺。16mmの最短で撮影すると様々な雑貨が写ってきます。
【クリックで拡大】 [H]MCクローズアップレンズ No.10を付けて、キャンドルライトの明かりが灯ったところを可愛く撮影。
【クリックで拡大】 [I]インド料理屋のカレーセットを16mmでパチリ。
【クリックで拡大】 [J]友人にカレーをすくってもらい、MCクローズアップレンズ No.10で寄ってみます。流れるような周辺ボケが増して面白い写真になりました。

撮影データ:[G],[H],[I],[J]共通 SONY NEX-3 / E16mm F2.8 / 絞り優先オートf2.8 / 露出補正+0.7 / ホワイトバランス:白熱灯 / ISO800


(資料画像2)
NEXの16mmで最短撮影距離まで近づいた様子。

(資料画像3)
先端に「クローズアップレンズ No.3」をねじ込むとここまで近づけます。

資料画像:ケンコー提供

Copyright © Kenko Co. Ltd. All Rights Reserved.