コニカミノルタ製品アフターサービス

ケンコー・トキナーTOP » コニカミノルタ製品アフターサービス » Camera History » ミノルタの歩み 1960年代

ミノルタの歩み

1940年代 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代
1960年代 1960年代に発売された主な機種一覧
Space Odyssey(宇宙の旅)

 1962年、グレン中佐(当時。のちにアメリカ上院議員)が搭乗したアメリカの人間衛星船『フレンドシップ7号』の宇宙飛行用カメラとして35mmレンズシャッター「ハイマチック」が採用されました。アメリカ航空宇宙局(NASA)の厳しい条件や耐久テストを一つ一つクリアし、“宇宙仕様”の「ハイマチック」が完成しました。アメリカ・スミソニアン博物館にこのカメラが展示されています。また、1968年、アメリカ・アポロ8号に露出計「スペースメーター」が搭載されました(1969年のアポロ10号、11号にも「スペースメーター」が搭載されました。)。宇宙から地球の写真を撮影するときに、地球の青さをこの露出計で測定しました。

なお、社名を『ミノルタカメラ株式会社』に変更したのは、1962年のことでした。

1960年 1961年 1962年 1963年 1964年
1965年 1966年 1967年 1968年 1969年
1950年代 1960年代 1970年代