用途で探す

Sports & Outdoor optics - 双眼鏡・天体望遠鏡・光学製品

» 特設ページ

双眼鏡用途で探す

●天体観測 ●野鳥観察 ●美術館・博物館 ●動物園・水族館 ●旅行・観光 ●登山・トレッキング ●釣り ●スポーツ観戦

天体観測

天体観測で双眼鏡を使用する場合、第1にひとみ径が重要です。ひとみ径が5mm程度か、それよりお大きな物をお選びください。 さらに、実視界、見かけ視界の広い物がオススメです。

野鳥観察

比較的遠くの、小さい対象を観る事になるため、倍率は8-12倍くらいがいいでしょう。それ以上の高倍率になってしまうと、視界が狭くなり動く対象を探し辛くなってしまいます。

スポーツ観戦

コンサート

コンサートに行くときに、あるととても便利なのが双眼鏡。ステージ上の演者の様子を、より大きく見ることができます。

旅行・観光

旅行・観光・登山などでおでかけの際、なかなか近づけないけれどもう少し良く見たいといった対象があったりします。例えば山中で花を見かけた時、例えば展望台の上、例えば寺院の屋根の美麗な文様などなど。そういった時、双眼鏡があると便利です。

登山・トレッキング

登山中に、岩場の上の花や、ふと見かけた鳥をよく見ようと思った時に、双眼鏡があると便利です。移動が多く、その他の荷物も有り、動くこと自体に体力を使うため軽量で小さめな物が良いでしょう。

釣り

主な用途はつり場を定める前に、遠目から足場などを確認するため。 また、自分の釣り場から、近辺の釣り場の様子を見たり、コマセの流れや、沖の潮目などを観察するなど様々な用途に使えます。

美術館・博物館

美術館・博物館で使用する場合、まずピントが合う最短の距離が3m以内の物をお選びください。また、大げさになり場から浮いてしまわないよう、レンズ口径が30mmくらいか、それよりも小さい物がおすすめです。

動物園・水族館

動物園・水族館でのご使用の場合、ピントが合う最短の距離が3m以内の物をお選びください。

用途で探す 関連ニュース

    ケンコー・トキナー オンラインショップ