Special - 特集↵ 特集トップ

Tokina FíRIN 20mm F2 FE MF作例集|高橋良輔

トキナーからリリースされたFíRIN 20mm F2 FE MFは、これまでのトキナーレンズにはない特徴を備えた、ハイクオリティ路線の新レンズだ。 これまでのTokinaと全く異なるコンセプトをもつ、ミラーレスカメラ用の高品位交換レンズシリーズ、「Tokina FíRINシリーズ」。その第一弾として登場したFíRIN 20mm F2 FE MFは、ミラーレスフルサイズカメラとして人気のソニーα7シリーズ用(Eマウント)に対応して作られたものである。 ソニー純正のEマウントレンズには、カールツァイスレンズを筆頭に魅力的なレンズが揃っている。しかし、2016年12月現在、フルサイズフォーマットに対応した大口径超広角単焦点レンズは、ソニー純正レンズにはラインナップされていない。その意味においてもα7系のオーナーならば気になる存在だろう。 このレンズの特徴を端的に述べるならば、とことんマニュアルにこだわった1本であるということ。ピント合わせはマニュアルオンリーで、絞りはリング操作による実絞りで作動する。これだけを聞くと技術的には50年以上タイムスリップした感があるが、最新の光学系とメカの融合によって高画質化とマニュアル操作の楽しさを両立。たんにノスタルジーを追い求めたレンズではない。 ボディ側のMFアシスト機能も動作し、ピントリングの動きに連動した拡大表示が行える。また、レンズ先端部に絞りリングを設けることで被写界深度の調節が容易に行えるほか、「絞りデクリック機構」を切り替えることでクリック感のないスムーズな絞り操作が可能になり、動画撮影時にも有利だ。

「Tokina」のその他の記事

コンシューマー向け製品