Special - 特集↵ 特集トップ

Tokina AT-X 304AF(300mm F4)|トキナーレンズ担当者のぼやき

300mm F4… これは当時、純正レンズしか出していなかったスペックです。 ここにトキナーとして、高性能でコンパクトな300mm F4を出そうと、また売れないスペックに挑戦しました。 この当時、トキナーには300mm単焦点のラインナップに300mm F2.8とAT-X340AFの2種がありました。 300mmF4はどのレベルの性能でないと認めてもらえないか? それを開発と相談して、300mm F2.8と同じレンズ構成で前玉を小さくし、硝材は全く同じ配置にした、非常に贅沢な設計を実施して、トキナーお得意のIRF(インターナルリアフォーカス)によりコンパクトさを実現しました。 AT-X304AFlens この当時のN社さんの300mm F4は大きく、D対応もしていない、私見ですが「300F4は、ほっとかれた機種」なのかと思っていました。 今は亡き西平氏のCAPAレンズテストが、当時ユーザーがレンズ選びの参考にしていたコラムで、トキナーの300 F4はベタ誉め頂いたことを記憶しています。 実は、私が一から企画して初めてのレンズだったので、かなり気合が入っていました。 ただ、原価無視で良い硝材をふんだんに使用したものでしたので、非常に採算の悪い機種になってしまいました。 フロントの二枚のレンズに超低分散ガラスFK01 、02を使用した300mm F4は発売当時はありませんでした。 これを他社と同じ価格でしか売れないトキナーの辛さ・・・ 悔しかったですね。 でも、買ってくださったお客様には喜んで頂けました。

「Tokina」のその他の記事

コンシューマー向け製品