Special - 特集↵ 特集トップ

Tokina AT-X 14-20 F2 PRO DX 作例集|萩原和幸

あまたの広角ズームレンズを世に出してきたトキナーが、今回は開放値F2の大口径ズームレンズを送り出してきた。AT-X 14-20 F2 PRO DXがそれである。APS-Cセンサー機対応で、35mm換算で約21〜30mm前後をカバーする。ズーム域こそ1.5倍とやや控えめに感じるが、実は撮影頻度が非常に高い焦点域をしっかりと押さえた、“実践向き”のレンズなのだ。 ポートレートでは、ボケの大きさや美しさを考えると出来るだけ開放値近辺で撮影したいという欲がある。しかし開放近くで撮影することで、例えば周辺光量低下や画質の安定性など、それなりのリスクと隣り合わせになるのが通常なのだが、このAT-X 14-20 F2 PRO DXは、その概念をひっくり返してしまうほどの、驚異的な描写性能を持ち合わせている。

「Tokina」のその他の記事

コンシューマー向け製品