周辺減光および周辺ボケの効果を調整できる第2絞りを装備、焦点距離35mm、開放F値F2.8

Burnside 35

lensbaby_logo.gif

Burnside(バーンサイド) 35は、焦点距離35mm、開放F値F2.8で、レンズ先端約15cmまでの接写が可能なレンズです。4群6枚の構成で、中心部は鮮明でシャープな画像を得ることができます。

絞り開放付近で使用すると大きな渦巻きボケを、絞りを絞り込めば広いフォーカスエリアと繊細なボケを得ることができます。

周辺減光や周辺ボケの効果を高めることができる、第2絞りを装備しています。


希望小売価格:オープン

[2018年3月23日発売予定]


※Lensbabyシリーズは、アメリカ合衆国オレゴン州に本社を置くLensbaby社が製造するレンズラインナップです。

画像をクリックすると拡大します。

  • Burnside 35画像01

    ミラーレスカメラ用(ソニーE用、富士フイルムX用、マイクロフォーサーズ用)は鏡筒が長くなります。

  • Burnside 35画像02

    周辺減光や周辺ボケの効果を高めることができる第2絞りを内蔵。金色のツマミをスライドさせて調整します。

この製品を購入する

カタログ

一眼カメラ用レンズ 製品一覧