コニカミノルタ製品アフターサービス

ケンコー・トキナーTOP » コニカミノルタ製品アフターサービス » Camera History » コニカの歩み 2000年代 » 2003

コニカの歩み

1940年代 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代
2003 Revio KD-510Z
Digital Revio KD-510Z
拡大表示
536万画素CCDと光学3倍ズームレンズを搭載、「SDメモリーカード」と「メモリースティック」の両方が使えるデュアルスロットを採用、マニュアル機能を充実させた高画質デジタルカメラ。
 レンズ  KONICAズームレンズf=8~24 F2.8(W)~F4.7(T)(6群7枚)
 記録媒体  SDメモリーカード、マルチメディアカード、メモリスティック
 撮影画素  5.0メガピクセル
 焦点調節  CCD像面オートフォーカス
 撮影距離  0.8m~∞(W)、0.8m~∞(T) 通常
 0.06m~∞(W)、0.5m~∞(T) マクロ
 液晶モニタ  1.5型TFT
 電源  専用リチウムイオン充電池、専用ACアダプター
 シャッター  静止画:1~1/2000秒
 動画:1/30~1/5000秒
 サイズ  94×56×29.5mm
 重量  200g
 価格  88,000円
  取扱説明書ダウンロード

同年に発売されたコニカカメラ
3月 Digital Revio KD-500Z シルバー
「コニカDigital Revio KD-500Z」のカラーバージョン(シルバー)
4月 Revio KD-410Z
起動時間約1.3秒、400万画素、光学3倍ズーム、デュアルスロットのデジタルカメラ
 
5月 現場監督28WB eco ブラック
「コニカ現場監督28WB eco」のカラーバージョン(黒)
6月 Revio KD-510Z
500万画素、光学3倍ズーム、デュアルスロット、マニュアル制御を充実させた高画質デジタルカメラ
9月 DIGITAL現場監督 DG-3Z
防水・防塵ボディに334万画素CCDと光学3倍ズームを搭載したデジタルカメラ
2000年代に発売された機種一覧
前の年 2000年代