content
【 Digital Revio KD-500Z カメラファームウェア バージョン 3.38A
ここでは Digital Revio KD-500Z のファームウェア(カメラ内部の制御ソフトウェア)のバージョン3.38A のインストール方法について説明しています。
以下の説明をよくお読みになった上で、インストールを実施してください。
インストール中の電源ダウン等はカメラ内CPUの破損につながりますので、特にご注意下さい。


【アップデートの内容】
1. 撮影モード時にシャッターボタンを半押しすると、絞り値とシャッター速度を表示するようにしました。
2. 日付設定画面の並びを変更し、操作しやすくしました。
3. 液晶モニターは明るさ調整に加えて、色合いも調整できるようにしました。
4. 新たにメモリースティックPRO(MSXシリーズ)に対応しました。
5. カメラの電源を切って入れ直した場合でも、マクロモードを保持するようにしました。オート以外での撮影が多い場合に便利です。
6. カスタム機能を使いやすくしました。
「露出補正」は選択ボタン(十字キー)の左右操作で補正量の増減ができるようにしました。
「マクロ」に4m、2m、1mのフォーカス固定モードを設けました。
7. 操作音(サウンド)設定を変更しました。
「効果音」をONにすると、ピントが合ったときに音でお知らせするようにしました。また、起動音を最新モデルと同じにしました。
「ビープ音」をOFFにすると、セルフタイマー撮影以外ではセルフタイマーランプを消灯するようにしました。
8. 今回のバージョンには、以前のバージョン1.55Aで搭載した内容もそのまま継承しています。
初期設定の変更
RECメニュー及びSET UPメニューの「初期設定」を選択した際、最初に「いいえ」が選択されることになりました。
インデックス再生の向上
通常再生時に「WIDE」ボタンを押すとインデックス表示、インデックス再生時に「TELE」ボタンを押すと通常再生に なります。
ズーム再生の向上
ズーム再生時にシャッターボタンを半押しすると、通常(1倍)再生に戻ります。
再生から撮影準備への切り替え向上
通常再生時にシャッターボタンを半押しすると、撮影準備状態になります。ただし、ムービー、ボイスメモ、アフレコ再生時は除く。
動画撮影の簡素化
RECメニューの「ムービー」のON,OFF設定がRECメニューの階層で選択できます。


【対象製品】
本ファームウェアは Digital Revio KD-500Z 専用です。その他の製品ではご使用になれません。


【アップデート用SDメモリーカードの準備】
SDメモリーカード
* バージョンアップしたいカメラでフォーマットした無記録状態のSDメモリーカードをお使いください。
* SDメモリーカード以外のメモリーカードを使用しますとカメラ本体が故障し動作しなくなる可能性がありますので、必ずSDメモリーカードをお使いください。
<アップデート用SDメモリーカードを作成します。>
1. 下の2つのアイコンのうち、お使いのパソコンのものをクリックし、ソフトウェアの使用許諾をよくお読みの上ファイルをダウンロードしてパソコンに保存します。

ダウンロードファイルは圧縮されています。

《ダウンロード(ここからダウンロードして下さい)》

-Windows版-

【kd500j.exe】 611KB

ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。
ファイルは自己解凍形式圧縮ファイルですので、解凍が開始されます。

-Macintosh版-

【kd500j.sit.hqx】 696KB

ダウンロードしたファイルをStuffit Expander等を使用して、解凍を行ってください。

パソコンに適当なフォルダを作成して保存後、解凍を行うと、以下のファイルを含む「kd500z」フォルダが作成されます。

kd-500z.BIN Digital Revio KD-500Z ファームウェアです。
(Win 1.93MB , Mac 1.9MB)

解凍を行った後、SDメモリーカードのルートディレクトリ(フォルダの最上位)に上記の「kd-500z.BIN」ファイルをコピーします。

Windows 版 Macintosh 版
2. SDメモリーカードを抜く前に、SDメモリカードのフォルダを開いて1つのファイルがコピーされていることを確認します。
3. SDメモリーカードまたはDigital Revio KD-500Zを取り外します。

Windows Me, 2000, XP をお使いの場合は画面右下の「ハードウェアの取り外し」アイコン をクリックし、取り外し許可が表示されるのを待ってからSDメモリーカードまたはDigital Revio KD-500Zを取り外します。

Windows 98, 98SE をお使いの場合はディスクトップ上の「マイコンピュータ」をダブルクリックして開き、リムーバブルディスクのアイコン上で右クリックして「取り外し」を選んでください。その後にSDメモリーカードまたはDigital Revio KD-500Zを取り外します。



ファームウェアのアップデートのしかた
注意
電源は次のいずれかをご用意ください。
* 専用ACアダプタ 「DR-AC4(旧コニカ製)」、または「AC-8U(コニカミノルタ製)」
* フル充電された専用リチウムイオンバッテリー 「DR-LB4(旧コニカ製)」、「NP-600(コニカミノルタ製)」
バージョンアップ中電源が無くなるとカメラ本体が故障し動作しなくなる可能性がありますので、必ずフル充電されたバッテリーをお使いください。
SDメモリーカード以外のメモリーカードを使用しないでください。
バージョンアップ動作時間は約1分程度かかります。
もしバージョンアップに失敗した場合には、再度ダウンロードからやり直してください。
1度バージョンアップすると、元に戻りません。
(1) レンズカバーを最後まで閉めた状態にし、アップデート用SDメモリーカードと、フル充電の充電池(またはACアダプタ)をセットします。
直前までレンズカバーを開いていた場合(電源が入っていた場合)は、閉じてから数秒間お待ちください。
(2) レンズカバーを開けます。
(3)

ブルーの画面で「PLEASE PUSH DEL KEY」とメッセージが出るので、消去ボタン()を押します。

(進行状況が表示されます。)

(4) PLEASE POWER OFF」とメッセージが出たら、レンズカバーを閉じて電源をオフします。(バージョンアップ作業完了です。)
(5) カメラを起動させてSET UPメニューに入り、DISPLAYボタンを押して液晶モニター右上に「VER 3.38A」と表示されれば、バージョンアップ成功です。
*

<Windows版でアップデート用ファイルを作成された場合>
「kd-500z.BIN」はバージョンアップ完了後、自動的にSDメモリーカードから削除されます。
バージョンアップに使用したSDメモリーカードは、そのままメモリーカードとしてご使用可能です。

<Macintosh版でアップデート用ファイルを作成された場合>
バージョンアップに使用したSDメモリーカードは、カメラでフォーマットしてからご使用ください。