フィルターの反射率とは何ですか?またコーティングによって反射率は変わるのですか?

FAQよくある質問とその回答

» 特設ページ
FAQ番号:0074記入日:2015/08/03更新日:2017/05/29

Qフィルターの反射率とは何ですか?またコーティングによって反射率は変わるのですか?

A

「反射率」は、ガラスに入った光がどれくらい反射(=弾き返す)しているか?を表す指標です。反射率が低いほど、よく光を通すガラスとなります。つまり反射率が低いほど、画像をしっかりとカメラまで届けるフィルターということになります。また反射率低下を防ぐためにケンコー・トキナーでは、ガラス表面に特殊な被膜を付けています。これが「コーティング」です。この加工により、ケンコーフィルターは「反射率0.6%以下(Zetaプロテクターの場合)」という数値を実現しています。

対象カテゴリ フィルター

このFAQについてアンケートにご協力ください。

このFAQについてご意見がございましたらご記入下さい(最大500文字)

内容に関しまして弊社からの返信はいたしかねますので予めご了承下さい。
製品に関するご質問はお電話にて承ります。電話番号は次のページをご確認ください。
製品についてのお問い合わせ先電話番号はこちら
個人情報の書き込みはご遠慮ください。

フィルターのよくある質問