「経緯台」「赤道儀」の違いは何ですか?

FAQよくある質問とその回答

» 特設ページ
FAQ番号:0010記入日:2015/08/03更新日:2018/08/30

Q「経緯台」「赤道儀」の違いは何ですか?

A

天体望遠鏡を支える部分(これを「架台」と言います)には、大きく「経緯台」「赤道儀」の2種類に分類されます。経緯台はカメラ用の三脚と同じく、上下方向と水平方向に望遠鏡を動かせます。一方、赤道儀は天空の中心(北半球なら北極星)を軸として、星の動きと同じ円を描く動きをする架台です。赤道儀は、より正確に天空の動きに合わせた動きで星を追跡できますが、使用前に極軸のセッティングが必要となります。

対象カテゴリ 天体望遠鏡

このFAQについてアンケートにご協力ください。

このFAQについてご意見がございましたらご記入下さい(最大500文字)

内容に関しまして弊社からの返信はいたしかねますので予めご了承下さい。
製品に関するご質問はお電話にて承ります。電話番号は次のページをご確認ください。
製品についてのお問い合わせ先電話番号はこちら
個人情報の書き込みはご遠慮ください。

天体望遠鏡のよくある質問