天文

  • 天文

    2020年の天文情報

    今年は惑星と流星群の当たり年です。 10月には、火星が「準大接近」と大きく見やすくなります。 また木星と土星も20年ぶりに接近し、年末には望遠鏡で見ても同一視野に入るほど大接近します。 3大流星群と言われている『しぶんぎ座流星群』『ペルセウス座流星群』『ふたご座流星群』も揃ってま...

  • 天文

    スカイメモSで、印象的な星空の撮影にチャレンジ

    赤道(せきどうぎ)とは、天体を追尾するための架台のことです。 天文台にあるような特大の天体望遠鏡は、上下左右に動く経緯台(けいいだい)という架台をコンピュータで制御しています。非常に安価な天体望遠鏡は微動装置すらない手動の経緯台に載っていますが、一般的な天体望遠鏡は、赤道儀に載っています。

  • 天文

    宙(そら)を見よう!令和元年初の部分日食!

    目次 日食とは 日食を見るには 日食を撮影する やってはいけない観測方法 2019年10月~12月までの主な天文現象 天体観測にオススメの製品 日本で今年2回目、令和元年初の日食が見られます。日本国内では部分日食が、アラビア半島からインド、スリラン カ、シンガポール、ビンタン島...

  • 天文

    宙(そら)を見よう!2019年7月〜9月までの主な天文現象

    目次 アポロ11号月面着陸50周年 土星 ~太陽系で唯一環の観測できる惑星~ 2019年7月~9月までの主な天文現象 天体観測にオススメの製品 アポロ11号が月面に着陸し、アームストロング船長が月面に第1歩を踏み出して50年となります。 アポロ11号は第34代アイゼンハワー大統...

  • 天文

    ISSと月のコラボ 2019年6月7日

    ISSと月のコラボ 今回のISSの月面通過はISS自体に太陽光が当っていると思われますので、月面通過前から目視できるはずです。 そのため月面に近づく姿は容易に確認できます。 月面通過観測可能エリアは20時08分過ぎに能登半島から新潟県糸魚川市を通り、千葉県いすみ市で太平洋に出ま...

一覧

製品シリーズ 特集記事

  • 製品シリーズ 特集記事

    アイルランド紀行Firin20mmのルーツを巡る - 第6章

    小河俊哉(おがわとしや) 1969年生まれ。東京都出身。 自動車整備士、カースタントマンなどを経てフリーフォトグラファーとなる。自然、風景、クルマ写真などを専門とし雑誌、クラッシックカーイベントなどで活躍。 現在、作品集作成のため精力的に国内外で撮影中。 目次 第1章 旅立ち ...

  • 製品シリーズ 特集記事

    アイルランド紀行Firin20mmのルーツを巡る - 第5章

    小河俊哉(おがわとしや) 1969年生まれ。東京都出身。 自動車整備士、カースタントマンなどを経てフリーフォトグラファーとなる。自然、風景、クルマ写真などを専門とし雑誌、クラッシックカーイベントなどで活躍。 現在、作品集作成のため精力的に国内外で撮影中。 目次 第1章 旅立ち ...

  • 製品シリーズ 特集記事

    アイルランド紀行Firin20mmのルーツを巡る - 第4章

    小河俊哉(おがわとしや) 1969年生まれ。東京都出身。 自動車整備士、カースタントマンなどを経てフリーフォトグラファーとなる。自然、風景、クルマ写真などを専門とし雑誌、クラッシックカーイベントなどで活躍。 現在、作品集作成のため精力的に国内外で撮影中。 目次 第1章 旅立ち ...

  • 製品シリーズ 特集記事

    アイルランド紀行Firin20mmのルーツを巡る - 第3章

    今回の旅の小ネタは、海外のドライブ事情についてお話していきます。レンタカーやカーナビ、アイルランドの交通事情など筆者が感じた日本との違いを綴っております。

  • 製品シリーズ 特集記事

    アイルランド紀行Firin20mmのルーツを巡る - 第2章

    FíRIN 20mmには2つのタイプが用意されています。それは、ピントをカメラに任せ、絞りもカメラのダイアルで調整するオートマチックタイプのFíRIN 20mm F2 FE AF(以下FíRIN 20mm AFと呼称)とピントも絞りも全てレンズにあるリングで調整して完結させるマニュアルタイプのFíRIN 20mm F2 FE MF(以下FíRIN 20mm MFと呼称)です。今回は贅沢にもこの2本を撮り比べてみました。

一覧

製品カテゴリ 特集記事

  • 製品カテゴリ 特集記事

    NDフィルターでプロ並み写真が撮れる - 選び方・使い方ガイド

    NDフィルターはレンズから入る光の量を減らすために使うグレーのフィルターです。まぶしさを抑えるサングラスのようなものです。NDとは、「Neutral Density(ニュートラル・デンシティー)」の略で、直訳すると「中立な濃度」という意味です。発色に影響を与えることなく、光量を減らすのがNDフィルターです。

  • 製品カテゴリ 特集記事

    【実写レビュー】美しいボケ味を魅せる SAMYANG AF 85mm F1.4 FE

    ソニーαシリーズ専用のフルサイズ対応EマウントAFレンズで、『AF 35mm F2.8 FE』、『AF 24mm F2.8 FE』など、小型・軽量ながらも圧倒的な描写性能で人気を博すレンズを世に送り出しているサムヤンから、85mm F1.4というスペックとしては、またまた小型・軽量なレンズが登場した。それが『AF 85mm F1.4 FE』だ。

  • 製品カテゴリ 特集記事

    単眼鏡による「松方コレクション展」美術鑑賞術

    「松方コレクション展」で観られる作品の中から今日は7作品に焦点をあてそれぞれの鑑賞ポイントについて紹介していきます。 松方幸次郎 写真提供:川崎重工業株式会社 まず、松方コレクションを一代で築き上げた松方幸次郎とはどんな人物だったのでしょう。幕末に薩摩で名家の三男として呱呱の声を...

  • 製品カテゴリ 特集記事

    桜の撮影にオススメのフィルター

    桜の撮影に役立つ様々なレンズフィルターをご紹介いたします。レンズフィルターを使いこなすことで、より表現豊かに、自分好みの桜表現を追求しましょう。

  • 製品カテゴリ 特集記事

    冬の星座を印象的に撮ろう

    冬は空気が澄んでいるので星がきれいに見えます。冬の星座を代表するオリオン座など明るい星が多く、市街地でも見ることができます。星空と風景を一緒に写した「星景写真 (せいけいしゃしん)」はとても人気のあるテーマです。そこで星空を印象的に撮影するのに欠かせないソフトフィルターと撮り方をご紹介いたします。

一覧

フォトコンテスト

  • フォトコンテスト

    国際フィルターフォトコンテスト2015 入賞作品発表

    国際フィルターフォトコンテスト2015 入賞作品発表   2015年3月1日から9月30日に開催いたしました「国際フィルターフォトコンテスト2015」にたくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました。 このコンテストは、第1回目から数えて5回目に当たるコンテスト...

  • フォトコンテスト

    IFPC2014

    国際フィルターフォトコンテスト2014 入賞作品発表 国際フィルターフォトコンテスト2014入賞作品が決定し、入賞作品を2月12日~15日にパシフィコ横浜にて行われた「CP+(シーピープラス)2015」のケンコー・トキナーブース内にて発表いたしました。 ケンコー・トキナーが主催し...

  • フォトコンテスト

    IFPC2012-2013

    国際フィルターフォトコンテスト2012-2013入賞作品が決定し、入賞作品を2月13日~16日にパシフィコ横浜にて行われた「CP+(シーピープラス)2014」のケンコー・トキナーブース内にて発表いたしました。   本コンテストは2008-2009、2010-2011の過...

  • フォトコンテスト

    IFPC2011-2012

    2011年6月1日から2012年5月31日まで1年にわたって行った「国際フィルターフォトコンテスト2011-2012」、おかげさまで2,507作品、41か国からのご応募をいただきました。 受賞作品を2012年9月にドイツ・ケルンにて行われた「フォトキナ2012」のケンコー・トキ...

  • フォトコンテスト

    IFPC2008-2009

    本コンテストは「フィルターを効果的に使用した写真」をテーマに2008年10月1日から2009年12月31日まで募集を行ったもので、ホームページを通じての応募と、プリントおよびスライド作品を合わせると37カ国、3,392点もの力作をお寄せいただきました。バリエーションの多い作品を審...

一覧

ケンコー製品ご愛用者を訪ねて

  • ケンコー製品ご愛用者を訪ねて

    ケンコー製品ご愛用者を訪ねて ~日食画像研究会 中澤 潤 様~

    日食画像研究会  中澤 潤 様   今回は、ケンコーでも定期的に講習会をやっていらっしゃる「日食画像研究会」所属の中澤様のお宅に訪問させていただきました。山梨県北杜市にあるお宅は、自然豊かな、緑の木々に囲まれた天体ファン憧れのスライドルーフを持つ素適なお宅でした。 &...

  • ケンコー製品ご愛用者を訪ねて

    ケンコー製品ご愛用者を訪ねて ~佐藤 純 様~

    佐藤 純 様 青山人事コンサルティング株式会社 代表取締役   天体マニアのあこがれ観測ドームを一戸建てに作られた、ケンコースカイエクプローラーの愛用者、佐藤さんのお宅を訪問しました。なんとこの観測ドーム付の家はテレビCMにも登場しています。    ...

  • ケンコー製品ご愛用者を訪ねて

    ケンコー製品ご愛用者を訪ねて ~山梨県北杜市 星降る湖 みずがき湖ビジターセンター~

    みずがき湖ビジターセンター代表 小澤 弘司様 小澤 弘司様 フィトンチッド みずがき湖ビジターセンター 代表   山梨県北杜市にある「みずがき湖ビジターセンター」で天体の観測会などをひらいていらっしゃる小澤様を訪問しました。ミードやスカイウォッチャーなど多くの機材を...

一覧

新着

  • 新着

    2020年の天文情報

    今年は惑星と流星群の当たり年です。 10月には、火星が「準大接近」と大きく見やすくなります。 また木星と土星も20年ぶりに接近し、年末には望遠鏡で見ても同一視野に入るほど大接近します。 3大流星群と言われている『しぶんぎ座流星群』『ペルセウス座流星群』『ふたご座流星群』も揃ってま...

  • 新着

    NDフィルターでプロ並み写真が撮れる - 選び方・使い方ガイド

    NDフィルターはレンズから入る光の量を減らすために使うグレーのフィルターです。まぶしさを抑えるサングラスのようなものです。NDとは、「Neutral Density(ニュートラル・デンシティー)」の略で、直訳すると「中立な濃度」という意味です。発色に影響を与えることなく、光量を減らすのがNDフィルターです。

  • 新着

    スカイメモSで、印象的な星空の撮影にチャレンジ

    赤道(せきどうぎ)とは、天体を追尾するための架台のことです。 天文台にあるような特大の天体望遠鏡は、上下左右に動く経緯台(けいいだい)という架台をコンピュータで制御しています。非常に安価な天体望遠鏡は微動装置すらない手動の経緯台に載っていますが、一般的な天体望遠鏡は、赤道儀に載っています。

  • 新着

    【実写レビュー】美しいボケ味を魅せる SAMYANG AF 85mm F1.4 FE

    ソニーαシリーズ専用のフルサイズ対応EマウントAFレンズで、『AF 35mm F2.8 FE』、『AF 24mm F2.8 FE』など、小型・軽量ながらも圧倒的な描写性能で人気を博すレンズを世に送り出しているサムヤンから、85mm F1.4というスペックとしては、またまた小型・軽量なレンズが登場した。それが『AF 85mm F1.4 FE』だ。

  • 新着

    単眼鏡による「松方コレクション展」美術鑑賞術

    「松方コレクション展」で観られる作品の中から今日は7作品に焦点をあてそれぞれの鑑賞ポイントについて紹介していきます。 松方幸次郎 写真提供:川崎重工業株式会社 まず、松方コレクションを一代で築き上げた松方幸次郎とはどんな人物だったのでしょう。幕末に薩摩で名家の三男として呱呱の声を...

一覧