土星の輪や木星を親子で観測したいのですが、どの様なサイズ・型式の天体望遠鏡がお勧めですか?

FAQよくある質問とその回答

» 特設ページ
FAQ番号:0020記入日:2015/08/03更新日:2018/08/30

Q土星の輪や木星を親子で観測したいのですが、どの様なサイズ・型式の天体望遠鏡がお勧めですか?

A

惑星を観察するには、口径が大きなものがお薦めです。望遠鏡の口径により適正な倍率が変わってきますので、その望遠鏡の適正倍率に合わせて見るようにしましょう。適正倍率とは、望遠鏡の口径の約0.5~2倍と言われています。
例えば、70㎜の口径の望遠鏡で土星を見た場合、環の存在がわかるでしょう。木星を見た場合は、縞模様が1~2本と四大衛星が観測できるでしょう。100mmの口径の望遠鏡でしたら土星を見た場合、土星本体と環の区別がつくでしょう。木星は縞模様が2本程度と四大衛星が観測できるでしょう。
但し、気流が悪いときは望遠鏡の視野の中で揺れ動くので見やすくありません。 ケンコー製品の中ではSky Explorer AT>シリーズやMEADEなどの天体望遠鏡がお勧めです。Sky Explorerは軽量&コンパクトでお子様でも安心して使用出来る上、自動追尾機能により天体を追い続けてくれるので、家族や友達と一緒に見たいときに便利です。

対象カテゴリ 天体望遠鏡

このFAQについてアンケートにご協力ください。

このFAQについてご意見がございましたらご記入下さい(最大500文字)

内容に関しまして弊社からの返信はいたしかねますので予めご了承下さい。
製品に関するご質問はお電話にて承ります。電話番号は次のページをご確認ください。
製品についてのお問い合わせ先電話番号はこちら
個人情報の書き込みはご遠慮ください。

天体望遠鏡のよくある質問