News - 新着情報↵ 新着情報トップ

LEE Filters新製品|朝日・夕日の撮影に最適なリバースタイプのハーフND「リバースND」発売のお知らせ

2018年02月09日 | |

株式会社ケンコー・トキナー(社長:山中 徹)は、イギリスのフィルターブランド「LEE Filters」の新製品「リバースND」の販売を、2018年2月16日より開始いたします。朝日・夕日の撮影に最適なリバースタイプのハーフNDです。フィルターの中央が最も濃度が濃く、上に向かってだんだん薄くなります。中央部の濃度別に、0.6ND(2絞り分減光)/ 0.9ND(3絞り分減光)/ 1.2ND(4絞り分減光)の3種類からお選びいただけます。

フィルターサイズは100mmシステム(100×150mm)、Seven5システム(75×90mm)、SW150システム(150×170mm)の3サイズをラインナップいたしますが、100mmシステム以外はお取り寄せ品につき、お取り寄せに約2か月かかります。

LEE リバースND ≫製品ページ

5055782240095_main_600.jpg

特長

■朝日・夕日の撮影に最適
リバースNDは朝日・夕日の撮影に最適なリバースタイプのハーフNDフィルターです。通常のハーフNDフィルターはフィルターの中央からグラデーションがはじまり、上に向かってだんだん濃くなります。リバースNDはフィルターの中央が最も濃く、上に向かってだんだん薄くなります。
太陽が地平線の近くにある時は、中央を最も濃くするリバースNDが効果的です。特に海景に最適です。リバースNDは空の上部を暗くし過ぎることなく、空の露出オーバーを防ぎます。

■高精度・高品質
LEE Filtersのすべての樹脂製グラデーションフィルターと同様に、リバースNDはイギリスのアンドーバー工場で熟練技術者によりひとつひとつハンドメイドで作られています。これにより高いレベルの精度と品質管理が可能となります。

■境目のグラデーションがなだらか
市場にあるリバースタイプのフィルターの多くは、中央で非常に急激に濃くなる「ストライプ」を特徴としていますが、LEE Filtersの リバースNDは、透明部とND部の境目がよりなだらかで、自然な露出コントロールが可能です。フルサイズ一眼で24mm以下の広角レンズで最も効果的になるよう設計されています。

■軽量で高耐久性の光学樹脂製
LEE Filtersの他のハーフNDフィルター同様、軽量で高耐久性の光学樹脂製のフィルターです。


本製品の詳しい特長や仕様につきましては、LEE リバースND 製品ページをご覧ください。

コンシューマー向け製品