News - 新着情報↵ 新着情報トップ

サムヤンオプティクス新製品|5000万画素、8K動画に対応する最高の解像力を持つ交換レンズ「XP50mm F1.2」発売

2018年05月11日 | |

株式会社ケンコー・トキナー(社長:山中 徹)は、韓国・サムヤンオプティクス社の新しい交換レンズ「XP50mm F1.2」の販売を、2018年5月18日より開始いたします。対応マウントはキヤノンEFのみ。希望小売価格はオープン。

8809298884987_300.jpg

XP50mm F1.2
» 製品ページへ

特長

SAMYANG XP50mm F1.2はSAMYANG社の高性能レンズラインである「XP」シリーズの標準レンズで、85mm F1.2、14mm F2.4に続く第3弾です。

マニュアルフォーカスながら電気接点を備え、絞りの設定はカメラ側から調整可能。レンズのF値等の画像ファイルのEXIF情報に記録されます。

5000万画素、8Kに対応。解像力を最大化し、各種の収差を制御する設計で中心部はもちろん周辺部まで鮮明な画像を実現。

仕様

焦点距離 50mm
絞り F1.2~F16
レンズ構成 8群11枚
フィルター径 86mm
絞り羽根 9枚
最短撮影距離 45cm
最大径 φ93mm
全長 117.4mm
質量 1,200g
マウント キヤノンEF

その他、製品の詳しい特徴や仕様につきましては、製品ページをご覧ください。

コンシューマー向け製品