ケンコー・トキナースタッフブログ


CP+2016開幕中です!(平成28年2月26日)

 
Posted:2016.02.26 ブログを購読

ケンコー・トキナーは、スリック株式会社と共同でCP+2016に出展中です。

CP+は「カメラと写真映像のワールドプレミアショー」として、2月25日(木)から28日(日)までパシフィコ横浜で開催されているもので、カメラと写真映像に関わるあらゆる製品を扱うものです。

今日は既に開催二日目を終えた所ですが、開催初日の様子をご紹介いたします。

_DSC2533.jpg
会場のパシフィコ横浜。
_DSC2615.jpg
テープカットをする日本写真映像用品工業会・山中徹会長(株式会社ケンコー・トキナー社長/写真右)
_DSC2537.jpg
ブースの前面中央はレンズ関係のカウンター。
_DSC2544.jpg
今回のチャレンジである、クローズアップ体験コーナーの動きをチェック。
_DSC2551.jpg
HO鉄道模型を設置し、フィルターを使った撮影体験ができるコーナーを今年も設置。
_DSC2555.jpg
タムラックの新製品などが満載のバッグコーナー。
_DSC2557.jpg
毎朝の朝礼の様子。
_DSC2663.jpg
動画取材を受ける佐藤肇(広報・宣伝課課長)
_DSC2683.jpg
トキナーの新レンズを的確に解説する、高橋良輔氏
_DSC2753.jpg
ポートレート撮影というテーマでトキナーレンズを解説する萩原和幸氏。
_DSC2755.jpg
掛け合いもすっかり慣れた様子。
_DSC2714.jpg
毎日フィルターセミナーを担当する田原(広報・宣伝課)
_DSC2770.jpg
トキナー三姉妹。
_DSC2545.jpg
明日もバッチリ準備してご来場をお待ちしています。

(写真:小河俊哉氏 文:広報・宣伝課 田原 栄一)

 

CP+2016は「フォトアクセサリーアウトレット」のケンコー・トキナーコーナーも注目!

 
Posted:2016.02.21 ブログを購読
ktsonline.jpg

 

フォトアクセサリーアウトレットはケンコー・トキナーオンラインショップ担当が活躍予定。

 

2月25日(木)からいよいよスタートのCP+2016。

毎年、楽しみになさっている方も多いのではないでしょうか?

今回、会場の「駅側の出口そば」にある、ケンコー・トキナー/スリックブースに、もちろんご注目いただきたいのですが、もう一つご注目いただきたいのがCP+2016パシフィコ横浜会場の2階奥で行われる「フォトアクセサリーアウトレット」。

 

2015年との違いが二つあります。

1つは元々会期が土日の2日間のみだったのが、今年は金土日の3日間に。1日増えました!

さらに販売品目のルールの変更で、レンズの販売が可能になりました。

そのため、トキナーレンズのアウトレットも・・・ぜひご期待下さい。

ご来場をお待ちしています!

(私は1階のブースでお待ち申し上げております・・・広報・宣伝課 田原 栄一)

 

 

CP+2016ケンコー・トキナーブースでは「クリーニング用品」にも注目!

 
Posted:2016.02.13 ブログを購読

ケンコー・トキナーの広報・宣伝課、田原栄一です。

あと12日後に迫ったCP+にご来場いただく方のため、わかりやすく楽しめるケンコー・トキナーブースとすべく、日々準備中です。もちろん、トキナーAT-X 14-20 F2 PRO DXをはじめとする新製品や、様々な写真家の先生が登場するステージもご注目いただきたいのですが、今回の企画のひとつとして「クリーニング用品」のコーナーです。

 

cloth.jpg
実際にお試しいただけるクロスは、パッケージから出した状態で、それぞれ製品解説タグをつけています。

 

ケンコーのクリーニングクロスは、いずれもテイジンのミクロスターを使用したもの。

原料は同じでも、薄手の「デジタルレンズクロス」、中くらいの「ハイテクレンズクロス」と厚手の「デジタルミクロクロス」があり、さらにサイズや仕様(ポーチ兼用やグローブ型の反対側にラバーを備えてフィルターを外すのに使うものなど)違いのものがあります。

それぞれ実際にお持ちのレンズを拭いていただいてお試しいただけます。

また、先日発売した「激落ちくんカメラ・レンズクリーナー」をサンプル配布(一日400名様×4日)も予定しています。

CP+2016にご来場の際は、ぜひケンコー・トキナーブース、さらにクリーニング用品コーナーにもお立ち寄り下さい。

(写真・文:広報・宣伝課 田原 栄一)

 

 

中判フィルムスキャナーKFS-1420BFでモノクロフィルムをスキャンしてみるまでが大変だった話

 
Posted:2016.02.04 ブログを購読

先月発売となりました、中判フィルム専用フィルムスキャナー「KFS-1420BF」。最近の趣味はもっぱらモノクロフィルムの自家現像&引き伸ばしプリントで、いつかは中判も…(?)と考えている私、WEB担当Aにとっては非常に気になる新製品でございます。

 

というわけで使ってみようと思ったのですが、もちろん中判はやったことがないので中判フィルムが手元にありません。すみませーん、どこかに現像済み中判フィルムありませんかーー?と社内のあちこちに声をかけ、自分のデスクに戻ったところ…

 

20160202_01.jpg

なんと、私の机の上に「マミヤRB67プロフェッショナルSD」が…!!

“自分で撮ってみたら?きっと楽しいよ!フィルム探しに行くのめんどくさいからby T原”、とのことです。

 

う~ん、はたして私にできるのだろうか…。とにもかくにも早速フィルムを買ってきました。

 

20160202_02.jpg

バラ売りしてるのがこれしか見つかりませんでした。「イルフォード HP5 PLUS 400」です。

 

あれ?ところでこれどうやってフィルム入れるの…?説明書を読んだり2Fのサービスショップのスタッフさんに手を借りながら、なんとか装填完了!いざ撮影へ!

 

20160202_03.jpg

なにこれ超重いんですけど…。しかしかの有名な女性写真家は、なんと手持ちで(!)このシリーズのカメラを使われているというではありませんか!…がんばりましょう。

このカメラには露出計が無いで別のカメラで露出を計り、絞りとシャッタースピードをセットして撮影しました。たった10枚しか撮れないのであっという間かと思ったのですが、腕はずっとプルプルするし屋上は寒いしでもう帰りたい…。

 

20160202_04.jpg

現像はおうちで。普段はトライXを使っているので現像液がKodak D-76しかありません。HP5 PLUSとD-76の組み合わせの現像データを調べて(D-76 原液 7分30秒 20℃)やってみました。ちょっと眠いネガになってしまったような…?

それにしてもやっぱり中判フィルムは大きいですね~~。リール巻きに失敗して、1コマ目が傷だらけになってしまいました…。

 

 

さぁ、やっとスキャンです。ここまで長い道のりでした…。

しかしフィルムをセットしようとしたところ、なんとフィルムホルダーにフィルムが収まりません!マミヤRB67はその名の通り6×7判で、私はフィルムを3コマずつカットしたのですが、これだとホルダーからはみ出してしまいます。2コマずつカットすれば良かった…。泣く泣く1コマ切って、セット完了。

20160202_05.jpg

 

KFS-1420BFの使い方は至って簡単。SDカードを入れ、フィルムタイプをポジ/カラーネガ/モノクロネガの3つから選び、サイズは6×7を指定し、スキャンボタンを押すだけ。今までの苦労は何だったのかと思うほどらくちんです。

このスキャナのいいところは、スキャン前に露出補正ができるところです。もしかしてこの写真、空の色が飛んでしまうかも?と思ったら念の為に暗めでもスキャンしておくと安心です。露出違いをたくさんスキャンしておいて、あとからパソコンでHDR合成なんてことも…?

 

というわけで、KFS-1420BFで露出補正-1.5にしてスキャンした画像です。 » 元データはこちら

20160202_06.jpg

あっ、ちょっとナナメになってる…のは私のカメラの持ち方が下手なせいでKFS-1420BFのせいではありません…。

1/2.3型のイメージセンサーにしてはなかなか健闘しているのではないでしょうか…?!さすがに等倍観賞ではモヤっと感が否めないところではありますが、2Lプリントや、縮小してSNSに上げたりするのには問題なさそうです。

 

ネガがやっぱりちょっと眠いかも…?それともスキャナーの性質?

しかしモノクロプリントは最初からコントラスト強めの状態から始めるよりも、コントラスト弱めの状態から、徐々に自分好みのコントラストをつけていく方がやりやすいといいますしね。

 

家ではたまに、撮った写真をSNSに上げるためにKFS-500という35mm判フィルム用のスキャナーでスキャンすることがあるんですが、それはPCに繋いでスキャンするタイプのもので、スキャン時に調整が一切できません。コントラストが強めにつくので、なかなか印象的なモノクロ写真になってくれるのですが、たまにちょっとコントラスト落としたいなーと思ってあとから画像編集しても、黒つぶれしたところは戻ってこなくてがっかりすることがありました。

…しかしその点において、今回のKFS-1420BFなら後から画像編集で遊べる余地が(KFS-500に比べると)残っているので面白いのではないでしょうか!!

 

というわけでKFS-1420BF、とっても簡単に中判フィルムをデジタルデータにしてSDカードに保存してくれる、お手軽・便利なフィルムスキャナー。SDにどんどん保存しておけば、そのままSDを持っていってお店プリントをお願いしたり、デジタルフォトフレームで再生したりできます。あとはPCに取り込んで編集したり、印刷したり、ブログに上げたりして、楽しみが広がりますね~~。中判フィルムがお手元にある方、まだまだ中判で撮ってるぞという方も、ぜひご検討くださいませ。

 

» KFS-1420BF 製品ページへ

 

※おまけ

PhotoshopではじめてHDR合成を使ってみました。思ったより自然な感じです。なんだか立体的になったような…?

20160202_08.jpg

 

(WEB担当:A)

 

1月30日、長野県諏訪市「カメラのフジモリ」さんにてセミナー開催します!

 
Posted:2016.01.25 ブログを購読

 

カリーノ 日報01月99×185.jpg

 

1月30日(土)、長野県諏訪市の「カメラのフジモリ城南店」「カリーノ(カメラのフジモリ茅野店)」さんにて、セミナーを開催いたします!

長野県内でケンコー・トキナーによる、写真用品セミナー開催は十年近くぶり、です。

ぜひお近くの方はカメラのフジモリさん宛にご確認ください(既に満員となっている場合もありますので、あしからずご了承ください)

「四季の行事に役立つ写真用品活用術」

参加費500円、CP+入場券をプレゼント!

開催日時:

2016年1月30日(土)10:00~12:00(カメラのフジモリ 城南店)

TEL:0266-57-4116

諏訪市城南1-2551-1

2016年1月30日(土)14:00~16:00(カリーノ カメラのフジモリ 茅野店)

TEL:0266-73-5202

場所:各店舗

参加費:¥500

主催:カメラのフジモリ

 

後援:(株)ケンコー・トキナー

 

講師:田原 栄一(ケンコー・トキナー チーフデモンストレーター)

ご参加お待ちしております。

記:広報・宣伝課 田原 栄一