ND3〜ND450相当*の濃度を1枚でカバーする、お求めやすい価格の可変NDフィルター。

バリアブルND Initial(イニシャル)

  • バリアブルND Initial(イニシャル) 画像1
  • バリアブルND Initial(イニシャル) 画像2

    パッケージ

  • バリアブルND Initial(イニシャル) 画像3

バリアブルND Initialは、前枠を回転することで減光量を調整できる可変NDフィルターです。
ND3〜ND450相当*の濃度を1枚でカバーします。一眼動画撮影で露出オーバーを防ぐのに欠かせないフィルターで、静止画でのスローシャッター撮影にもお使いいただけます。

発売中のプロ仕様可変ND「バリアブルNDXⅡ」に対し、「バリアブルND Initial」はお求めやすい価格の可変NDフィルターです。市販の安価帯の可変NDフィルターは、意図しない偏光効果が起きてしまう仕様のものがほとんどですが、「バリアブルND Initial」は「バリアブルNDXⅡ」同様、偏光効果が起こらない設計ですので、安心してお使いいただけます。最初に使う可変NDフィルターにおすすめです。

*焦点距離70mm以上で使用の場合にND450相当までお使いいただけます。
濃度をMaxに近づけた時に映像にX状のムラを生じることがあります。
使用するレンズの焦点距離が短いほどこの現象は起こりやすくなります。

 

【可変NDフィルターのメリット】

vndi_features03.jpg

通常のNDフィルターの場合、撮影状況に合わせて濃度の異なるNDフィルターに付けかえる必要があります。
可変NDフィルターは前枠を回転させるだけで、自在に減光量を調整することができるので、1枚で何枚ものNDフィルターの効果を得ることができます。また濃いNDフィルターを使う場合、構図決定やピント合わせのたびにフィルターの付け外しを行う必要がありました。
しかし可変NDフィルターは最も明るい状態で構図決定・ピント合わせをし、そのまま前枠を回転させて任意の濃度にセットできるので、フィルターの付け外しの手間がありません。

[2022年3月25日発売]

 


  • 撥水撥油
  • デジタルマルチコート
  • 回転枠
  • 目盛付

特長

偏光効果を起こさない設計

vndi_features04.jpg

可変NDフィルターに使用される偏光膜には偏光効果があります。そこで問題になるのが、NDの濃度を変えた時に意図せず被写体の表面反射が消えたり増えてしまうということです。例えば水面やガラス面を撮った時に偏光効果が起こってしまうと、枠の角度によって水面やガラスの反射が除去されるだけでなく、逆に反射が増えて白くギラついてしまうことがあります。Kenko「バリアブルND Initial」はこの偏光効果が起こらないように設計されているため、安心して使用することができます。

 

撥水・撥油コート採用

vndi_features08.jpg

水や油を弾き、汚れが付着しても簡単に拭き取ることができます。
水辺での撮影や雨天時でもストレスなく撮影でき、日頃のメンテナンスを楽にします。

 

デジタルマルチコート採用

vndi_features05.jpg

フィルター装着によるフレアやゴーストの発生を抑え、クリアな描写を実現。

 

日本製

 

使用上のご注意

    • 濃度をMaxに近づけた時に映像にX状のムラを生じたり、青みがかったりする場合がありますので、濃度調整にはご注意ください。焦点距離が短いほどムラは出やすくなります。

4961607773048_features04.jpg

    • 正しい明るさに表現するために露出補正が必要な場合があります。
    • 枠の表記は目安です。構造上Min及びMaxの位置とフィルター効果にわずかな誤差を生じることがあります。またMinとMaxの中間にある点は絞り段数を表すものではございません。減光量はカメラに表示される露出の値をご確認ください。可変式NDフィルターはMin側の減光量の変化は緩やかで、Max付近で急激に光量が落ちます。
    • 一眼レフでスローシャッター撮影する場合、ファインダーからの逆入射光の影響が生じます。アイピースシャッターなどによりファインダーの遮光を行なってください。
    • 本製品には偏光膜を採用しています。偏光膜は熱および紫外線により劣化する性質があります。7年程度をめどに買い換えをお勧めいたします。
    • ガラス4枚を使用する構造上、通常のフィルター枠より厚い枠となっております。目安として24mm以下の焦点距離ではケラレが発生する場合がございます。
    • 偏光膜を使用していますが、PLフィルターの効果はありません。
    • 太陽撮影には適してません。

 

  • キャップはフィルター径より1サイズ上の市販のキャップを取り付け可能です。

フィルター径49mmの場合→52mm径のキャップ
フィルター径52mmの場合→55mm径のキャップ
フィルター径55mmの場合→58mm径のキャップ
フィルター径58mmの場合→62mm径のキャップ
フィルター径62mmの場合→67mm径のキャップ
フィルター径67mmの場合→72mm径のキャップ
フィルター径72mmの場合→77mm径のキャップ
フィルター径77mmの場合→82mm径のキャップ
フィルター径82mmの場合→86mm径のキャップ

使用例

使用前使用後
使用前使用後

ラインナップ

フィルター径 JANコード 希望小売価格(税別)
49mm 4961607014264 ¥8,500
52mm 4961607014288 ¥8,800
55mm 4961607014295 ¥9,000
58mm 4961607014318 ¥9,500
62mm 4961607014325 ¥9,700
67mm 4961607014332 ¥10,300
72mm 4961607014349 ¥10,700
77mm 4961607014356 ¥11,000
82mm 4961607014363 ¥12,000

使用用途

動画撮影で露出をコントロールする

 

動画撮影の場合、フレームレート(fps)によって適正なシャッタースピードが決まっているため、撮影意図に合う絞り値で撮影するにはNDフィルターによる露出コントロールが必須です。
通常はフレームレートの2倍までが適正なシャッタースピードです。

 

【例】60fpsの場合:適正シャッタースピードは1/125s
   30fpsの場合:適正シャッタースピードは1/60s

 

シャッタースピードが速すぎると、動きがつながらずパラパラした不自然な動画に見えてしまいます。
目が疲れない自然で滑らかな映像を撮るためにNDフィルターは欠かせません。

 

 

絞りを開けた撮影時の白飛びを防ぐ

 

晴天時にF1.4やF1.2といった大口径レンズで絞りを開けて撮影すると、シャッタースピードを1/8000秒にしても白飛びしてしまう場合があります。
 

 

静止画でのスローシャッター撮影に

 

NDフィルターがない場合、シャッタースピードを遅くするためには最小絞り近くまで絞り込み、その結果画質低下を引き起こしてしまいます。NDフィルターを使用すれば、レンズの解像度を保つ絞り値の状態でスローシャッターを実現します。水流や人、車など動く被写体のブレを活かした表現が可能になります。

 

バリアブルND Initial(イニシャル)」は公式オンラインショップ「ケンコー・トキナーオンラインショップ」でも販売しています。

→ ご購入はこちら

※ 製品によってはショップ在庫がない場合がございます。在庫の有無はショップにてご確認ください。

高濃度NDフィルター 一覧

→ すべて見る

Catalog カタログ