コニカミノルタ製品アフターサービス

ケンコー・トキナーTOP » コニカミノルタ製品アフターサービス » Camera History » コニカの歩み 1950年代 » 1951

コニカの歩み

1940年代 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代
1951 Pearl II
Pearl II
拡大表示
シリーズの2号機で、連動距離計に大きな特長があった。当社自慢の補色鏡が採用されたことにより、ファインダーが非常に明るくなり、二重像の合致および分離が明確となって好評を博した。
 レンズ  HEXAR75mm F4.5(3群4枚)
 フィルム  120サイズ(4.5cm×6.0cm)
 フィルム給送  手巻
 フード  32
 焦点調節  距離計連動式
 撮影距離  1.2m~∞
 シャッター  コニラビットS、B・1~1/400秒
 その他  F接点
 サイズ  119×100×45mm
 重量  570g
 価格  24,000円

同年に発売されたコニカカメラ
1月 パール II (ヘキサー 75mm F4.5)
単独距離計が連動距離計に改良された「パール I」の後継機
8月 コニカ I HN (ヘキサノン 50mm F2.8)
レンズを大口径ヘキサノン F2.8に変更する等した「コニカ I 型」の一つ
 
12月 コニカ II (ヘキサノン 50mm F2.8)
ダブルヘリコイド式、二重露出防止装置等を採用した「コニカ I」の改良カメラ
1950年代に発売された機種一覧
前の年 1950年代 次の年