コニカミノルタ製品アフターサービス

ケンコー・トキナーTOP » コニカミノルタ製品アフターサービス » Camera History » コニカの歩み 1950年代 » 1957

コニカの歩み

1940年代 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代
1957 Konica III MXL
Konica III MXL
拡大表示
「Konica III型」のうちの一つのタイプ。当社独自のフロントレバーによるフィルム巻き上げ機構と、露出のライトバリュー方式が採用されたことが特長。
 レンズ  HEXANON48mm F2.0(5群6枚)
 フィルム  135サイズ
 フィルム給送  手巻
 フード  37
 焦点調節  距離計連動式
 撮影距離  0.9m~∞
 シャッター  セイコーMXL、B・1~1/500秒
 その他  ライトバリューシステム
 サイズ  133×76×65mm
 重量  740g
 価格  33,600円

同年に発売されたコニカカメラ
2月 コニカ II Bm
セイコーシャ製のシャッターを採用した「コニカ II 型」の一つ
4月 コニカ III MXL
ライトバリュー方式が採用された「コニカ III 型」の一つ
 
4月 パール III MXL
シャッターをセイコーシャMXLに改良された「パール III 型」の一つ
1950年代に発売された機種一覧
前の年 1950年代 次の年