コニカミノルタ製品アフターサービス

ケンコー・トキナーTOP » コニカミノルタ製品アフターサービス » Camera History » コニカの歩み 1970年代 » 1974

コニカの歩み

1940年代 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代
1974 Konica C35 EF ピッカリコニカ
Konica C35 EF ピッカリコニカ
拡大表示
世界初フラッシュ内蔵カメラ。「ピッカリコニカ」の愛称と井上順さんを起用した大々的宣伝活動の効果もあり、爆発的ベストセラー機となる。このカメラの誕生により、フラッシュ内蔵カメラが主流となった。
 レンズ  HEXANON38mm F2.8(3群4枚)
 フィルム  135サイズ
 フィルム給送  手巻
 フィルター径(mm)  46
 焦点調節  4点ゾーン
 撮影距離  1.0m~∞
 電源  単3×2(MR44×1)
 シャッター  1/60,1/125秒
 サイズ  128×73×53mm
 重量  340g
 価格  31,800円

同年に発売されたコニカカメラ
9月 コニカ オートリフレックス ニューT3ブラック
「コニカ オートリフレックスT3」にアイピースシャッタとホットシューを新たに装着
 
12月 コニカ オートリフレックス ニューT3ブラック
「コニカ オートリフレックスT3」の黒色仕様
1970年代に発売された機種一覧
前の年 1970年代 次の年