コニカミノルタ製品アフターサービス

ケンコー・トキナーTOP » コニカミノルタ製品アフターサービス » Camera History » コニカの歩み 1990年代 » 1995

コニカの歩み

1940年代 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代
1995 Konica BiG mini NOU 135
Konica BiG mini NOU 135
拡大表示
1991年発売「アイボーグ」以来の高変倍ズームカメラ。このクラスでは世界最小・最軽量の38mmから135mmまでのズーム領域で、大光量フラッシュを正面に配するなど、望遠撮影に最適な機能を有するカメラであった。
 レンズ  KONICA38mm F3.6~135mm F9.8(9群10枚)
 フィルム  135サイズ
 フィルム給送  自動
 焦点調節  AF
 撮影距離  0.8m~∞
 電源  CR123A
 オートデート電源  メイン兼用
 シャッター  3.2秒~1/280秒
 その他  パノラマ切替
 サイズ  119.5×68×49.5mm
 重量  280g
 価格  63,000円
  取扱説明書ダウンロード

同年に発売されたコニカカメラ
2月 コニカ K-mini
小型・軽量コンパクトカメラ
3月 コニカ BiG mini Standa
2.5倍ズームを搭載し、下に開いたレンズカバーと2本のミニスタンドで小型三脚になる。
 
4月 コニカ BiG mini NOU 135
望遠撮影に最適な機能を有した、「アイボーグ」以来の高変倍ズームカメラ
12月 コニカ Z-up 70
2倍ズームと多彩なフラッシュ機能を備えたコンパクトカメラ
1990年代に発売された機種一覧
前の年 1990年代 次の年