News - 新着情報↵ 新着情報トップ

アイソン彗星の生存がNASAより発表→【12月3日続報】核は消失と判断

2013年11月30日 | |

生存をお伝えしたアイソン彗星ですが、2013年12月3日早朝NASAは継続観測の結果、今現在はチリが残存するのみである可能性が高いとのニュースが発表されました。このため、肉眼での観測はできないものと予想されます。

期待を抱かせてしまった皆様、申し訳ありません。

 

以下、NASAリリースより

"After several days of continued observations, scientists continue to work to determine and to understand the fate of Comet ISON: There's no doubt that the comet shrank in size considerably as it rounded the sun and there's no doubt that something made it out on the other side to shoot back into space. The question remains as to whether the bright spot seen moving away from the sun was simply debris, or whether a small nucleus of the original ball of ice was still there. Regardless, it is likely that it is now only dust."

"数日に及ぶ解析のあとも、科学者たちはアイソン彗星がどういった運命をたどったかの解釈を決定し、理解する仕事を続けた。その結果、太陽に近づいた際、核が相当小さくなったしまったことと、何かが確かに近日点通過を果たした事は間違いないと判断された。近日点通過を果たして太陽から遠ざかっていたのが単にデブリなのか、元の彗星核が小さくなった氷のボールがたしかに存在していたのかという点が以前疑問として残される。どちらにせよ、今現在は塵だけが残っているという可能性が高い。”

"Comet ISON, which began its journey from the Oort Cloud some 3 million years ago, made its closest approach to the sun on Nov. 28, 2013. The comet was visible in instruments on NASA's Solar Terrestrial Relations Observatory, or STEREO, and the joint European Space Agency/NASA Solar and Heliospheric Observatory, or SOHO, via images called coronagraphs. Coronagraphs block out the sun and a considerable distance around it, in order to better observe the dim structures in the sun's atmosphere, the corona. As such, there was a period of several hours when the comet was obscured in these images, blocked from view along with the sun. During this period of time, NASA's Solar Dynamics Observatory could not see the comet, leading many scientists to surmise that the comet had disintegrated completely. However, something did reappear in SOHO and STEREO coronagraphs some time later – though it was significantly less bright."

”オールトの雲から300万年の旅を続けてきたアイソン彗星は、2013年11月28日に近日点に至った。その様子はNASAの持つSTEREOやNASAと欧州宇宙機関共同のSOHOによって観測していた。それらの観測イメージは、コロナグラフと呼ばれる。コロナグラフは、コロナ(太陽の周囲のDIM構造)を観察するために、太陽から一定距離を保って太陽を観測している。数時間、太陽に向かって行く彗星の様子が観測されたが、直ぐに太陽の影に隠れた。その間彗星の観測はできず、それを多くの科学者はそれを受けて彗星が完全に消滅したものと推測する事となった。だが後に、太陽の影から現われる光点がSOHO及びSTEREOのコロナグラフによって再び観測された。もっとも、以前の彗星よりも暗かったのだが。”

”Whether that spot of light was merely a cloud of dust that once was a comet, or if it still had a nucleus – a small ball of its original, icy material – intact, is still unclear. It seems likely that as of Dec. 1, there was no nucleus left. By monitoring its changes in brightness over time, scientists can estimate whether there's a nucleus or not, but our best chance at knowing for sure will be if the Hubble Space Telescope makes observations later in December 2013.”

”あの光点は、かつて彗星だった塵の雲だったのでしょうか、それともまだ核(小さなボール状の氷状の物体)のある彗星だったのでしょうか? それはまだ明確ではありません。少なくとも、12月1日時点では核は消失していた物と判断されます。観測されている光点の輝度の変遷から核について科学者たちが推定することはできますが、ハッブル宇宙望遠鏡の解析を待つ必要があります。それは2013年12月中に行われるでしょう。”

NASA 2013年12月2日深夜リリースの全文(英語)

国立天文台12月2日 アイソン彗星についての続報

 

12月中旬まで観測できるラブジョイ彗星についてはこちら

2013年12月3日追記

 


 

消滅の可能性を心配されていたアイソン彗星ですが、2013年11月29日深夜、NASAより正式に生存のリリースが発表されました。

※リリース中に少なくとも小さい核が残っているとの記載がありますが、光量に関しては言及されておらず、従来予測されていた光量に達する事は保証していません※


以下、NASAのリリースより、画像、と本文の一部抜粋ならびに翻訳を掲載いたします。

soho_ison_c3_0.jpg

"ISON appears as a white smear heading up and away from the sun. ISON was not visible during its closest approach to the sun, so many scientists thought it had disintegrated, but images like this one from the ESA/NASA Solar and Heliospheric Observatory suggest that a small nucleus may be intact."

"ISONの白い点が、太陽を現す白い円の上部に現れました。ISONは太陽に最接近時には表示されませんでしたので、多くの科学者は、それが彗星の崩壊を現すものと解釈したが、ESA / NASAの太陽と太陽圏観測所からこのような画像は、彗星の小さな核が無傷であることを示唆している。"

 

当該リリース(英語)

http://www.nasa.gov/content/goddard/comet-ison-may-have-survived/index.html#.Upi4vpGXnxo

 

11/30 2:10追記:

以下記事抜粋

"The question remains whether it is merely debris from the comet, or if some portion of the comet's nucleus survived, but late-night analysis from scientists with NASA's Comet ISON Observing Campaign suggest that there is at least a small nucleus intact."

"彗星の核が残存していのか、壊れた核のチリが残存しているのかという点が議論となっていたが、夜を徹した解析の結果、NASAの見解は”少なくとも小さな核は確実に残っている”という物だった。"

 

 

現在、アイソン彗星が空に出現時刻は日の出と重なってしまうため観測はできませんが、数日中に再び観測できる時刻に出現する様になるのですが、その際に充分な光量があるかは、依然予断を許さない様です。

コンシューマー向け製品