Special - 特集↵ 特集トップ

Color Filter | 全面カラーフィルター cokin作品集|岡 田 茂

2013年07月03日 |         |
cokin_head.jpg

 

cokin全面カラーフィルター製品ページへ

exp_icon.jpg

フィルターの全面に色がついており、画面全体を表現したい色味に変化させることができます。イエロー、オレンジ、レッド、グリーン、セピア、ブルー等があります。 寒色系カラーの「020」~「025」はクールなイメージに、暖色系カラーの「026」~「039」(036を除く)は暖かいイメージに仕上げます。セピア系カラーの「005」、「045」はノスタルジックな雰囲気を醸し出します。 「197」、「198」は明るいオレンジ色の全面グラデーションフィルターで、日没時のドラマティックな空のグラデーションを表現します。

 

 

198 サンセット2

DSC_6697_198_with.jpg

全面カラーフィルターを使用する際は、カメラのホワイトバランスの設定を「晴天」や「太陽光」にセットしてください。「オートホワイトバランス」で撮影すると、カメラが自動的に色補正してしまうため、意図した効果が得られない場合があります。

DSC_6687_198_without.jpg

029 オレンジ85 × 164 サーキュラーPL

DSC_7394_029+164_with.jpg

全面カラーフィルターを使った写真は、デジタルカメラの色温度変換で撮る絵とは一味違ったニュアンスに仕上がります。フレームの中の強調したい色と同系色のカラーフィルターを使う事によって、肝心な部分を際立たせる事ができます。

この写真では、曇天で光にメリハリが無かったので、サーキュラーPLを併用しました。

DSC_7397_029+164_without.jpg

021 ブルー80B

DSC_7064_021_with.jpg

雨の日の風景では、デジタルカメラの色温度を合わせてストレートに撮るだけではどうしてもニュアンスに欠けた写真になりがちです。

しかし、濃いブルー系のフィルターを使えば、どんよりとしたトーンもドラマチックなトーンへと変化します。

この写真では、始まりかけた紅葉の黄色が浮き上がり、川の流れの表情にも色気が増しています。

DSC_7069_021_without.jpg

045 セピアライト

DSC1535.jpg

セピアライトは、イメージをノスタルジックに表現したい時に効果的なフィルターです。005セピアよりも軽い感じに仕上がりますから、カジュアルな物を撮る時や、ポートレイトにも向いています。 DSC1534_045_without.jpg

036 FLW色補正フィルター

DSC1888_036_with.jpg

FL-Wはデイライトフィルムを蛍光灯環境で撮影する時の色補正用のフィルターです。

しかし、デジタルカメラが主流となった現在では、その本来の使い方では無く、イメージを増幅する手段のひとつとしても使えるでしょう。

ハイライトからシャドーまで美しく品あるマゼンタのグラデーションが表現されます。

DSC1877_036_without.jpg

197 サンセット1

DSC4739_197_with.jpg

サンセット1は、日の出や日没だけでなく、あらゆるシチュエーションで活躍するフィルターです。

曇天時の色温度補正の効果も含んでいるので、この写真では空の表情を引き出しながら画面全体を雰囲気のある暖色系にまとめています。

DSC4729_197_without.jpg

198 サンセット2

日の出や日没は実際にはとても感動的なシーンですが、いざ写真にしてみると撮影時の印象ほどのイメージにならないことがほとんどです。

サンセットフィルターは、真にその状況の為に生まれたフィルターです。水平線や地平線のすぐ上に太陽があるシーンをドラマティックに演出します。

DSC_6142_198_without.jpg

 

⇐ Cokinフィルターの豊富なラインナップ

Soft Filters | ソフトフィルター

写真撮影

写真家

岡 田 茂

社団法人 日本写真家協会会員

1964年 東京生まれ

『anan』『クロワッサン』などの女性誌やクルマ雑誌『NAVI』料理雑誌『dancyu』を中心にエディトリアル業界で約10年間活動の後、フィールドを広告写真まで広げる。広告・企業広報の人物ポートレイトを得意とする。また、日本で最も早くQuickTime VRのパノラマ撮影を行ない、多くのパノラマコンテンツを制作。

「cokin」のその他の記事

コンシューマー向け製品