ソフトフォーカス+ティルト位置調整ができるモデル「Lensbaby コンポーザープロII Soft Focus II」が発売

株式会社ケンコー・トキナー(本社:東京都中野区中野 代表取締役社長:山中 徹)は、ソフトフォーカス+ティルト位置調整ができるモデル「Lensbaby コンポーザープロII Soft Focus II」の販売を、2022年7月22日より開始いたします。

softfocus2_mft.jpg
マイクロフォーサーズ用

softfocus2_news.jpg
4種の絞りディスクと交換ツールが付属

Lensbaby コンポーザープロII Soft Focus II
»製品ページ

50mmソフトフォーカスレンズのオプティック(光学ユニット)である「Soft Focus II」をLensbaby コンポーザープロIIにセットし、より画像に変化をつけて撮影できるモデルです。
キヤノンEF用、ニコンF用、ソニーE用、マイクロフォーサーズ用、富士X用、キヤノンRF用、ニコンZ用の7タイプ。
レンズ側の絞りリング(F2.5-22)に加え、4種類の絞りディスクにより、ボケの形状やソフト効果の調整(光量を少なくしながらも収差を補正しないように調整する)が可能です。
さらにコンポーザープロIIの鏡筒の効果で、ティルトによるピント位置や像の流れを表現に加えられます。

前モデルの「Soft Focus」は、コンポーザープロII用の光学ユニット(オプティック)として発売されました。
通常の絞りも絞りディスクによるもので、絞りの調整はレンズ前面からディスクを入れ替えて行っていました。
「Soft Focus II」では内蔵の絞りユニットにより、絞りリングの回転のみで光量やボケ量の調整が可能になりました。絞り羽根も12枚と多く、なめらかなボケの表現ができます。

 

撮影サンプル 撮影:川合 麻紀 モデル:LUNA

softfocus2_mk01.jpg

softfocus2_mk10.jpg

softfocus2_mk06.jpg

 

詳しい特長や仕様につきましては、製品ページをご覧ください。