トキナーレンズでポートレート - 萩原和幸


AT-X 14-20 F2 PRO DX 新製品

AT-X 14-20 F2 PRO DXあまたの広角ズームレンズを世に出してきたトキナーが、今回は開放値F2の大口径ズームレンズを送り出してきた。AT-X 14-20 F2 PRO DXがそれである。APS-Cセンサー機対応で、35mm換算で約21〜30mm前後をカバーする。ズーム域こそ1.5倍とやや控えめに感じるが、実は撮影頻度が非常に高い焦点域をしっかりと押さえた、“実践向き”のレンズなのだ。

ポートレートでは、ボケの大きさや美しさを考えると出来るだけ開放値近辺で撮影したいという欲がある。しかし開放近くで撮影することで、例えば周辺光量低下や画質の安定性など、それなりのリスクと隣り合わせになるのが通常なのだが、このAT-X 14-20 F2 PRO DXは、その概念をひっくり返してしまうほどの、驚異的な描写性能を持ち合わせている。
広角では泣き所と言える周辺の解像性能は開放から安定し、1段絞りを与えることで不安は全て解消してしまう。ボケの美しさは特筆ものだ。なだらかでかつナチュラル。点光源の丸ボケの美しさたるや、それを見たくてわざわざ点光源を背景にしたくなってしまうほどだ。

あれこれ申すよりも、実写例をご覧頂いた方が良いように感じる。ボケ、周辺の画質、ピント面のキレの良さ、全てをじっくりご覧頂きたい。これまでの広角ズームレンズの考えが一変してしまうこと間違いないだろう。 私もこれだけの広角ズームレンズを手にしたことはない。信じられないほどの描写性能、AT-X 14-20 F2 PRO DXを手にしない理由はない、と自信を持ってお薦めしたい。スナップポートレートや室内ポートレートに最適だ!

 

モデル:いのうえのぞみ(IARA)
Webサイト » | ブログ » | ツイッター »
ヘアメイク:町田恭子(エミュー)

 

Index

 

作例01

About

最初から単焦点で撮影したようなカットをお見せすることになる。
完全に解像された周辺と距離がさほど離れていないはずなのにボケた背景。
20mm域とはいえ、広角、しかもズームレンズなのにこれほどのボケを手に入れることが出来る。


使用焦点距離:20mm カメラ:Canon EOS7D MarkⅡ 絞りf/2.0 シャッタースピード: 1/500秒 ISO感度:ISO200 WB:マニュアル


 

作例02

About

広角レンズでは周辺が引っ張られるようになるため、モデルを構図の隅に配置することは、余程の意図がない限り御法度なのだが、このレンズではそのような常識など必要ない。
自由に構図の好きなところにモデルを配置できる。広角レンズでの表現を一気に広げてくれるはずだ。


使用焦点距離:20mm カメラ:Canon EOS7D MarkⅡ 絞りf/2.0 シャッタースピード: 1/500秒 ISO感度:ISO200 WB:マニュアル


 

作例03

About

全く歪みのない直線が美しい。わずか半段絞っただけだが、隅まで安定した画質を得ることが出来る。


使用焦点距離:20mm カメラ:Canon EOS7D MarkⅡ 絞りf/2.5 シャッタースピード: 1/500秒 ISO感度:ISO200 WB:マニュアル


 

作例04

About

F8まで絞っての撮影をしたく、ストロボを使用。
おそらくこの絞りが普段使いの限界かなと思っている。被写界深度にハマれば、このレンズは画質が安定している以上、こんなに絞る必要がないからだ。


使用焦点距離:20mm カメラ:Canon EOS7D MarkⅡ 絞りf/8.0 シャッタースピード: 1/160秒 ISO感度:ISO200 WB:マニュアル ストロボ使用


 

作例05

About

室内ながら広角、しかもズームレンズこれだけのボケが得られるのは “凄い!” の一言。黒のドレスの質感も出て、繊細な描写までもしっかりと応えてくれる。


使用焦点距離:20mm カメラ:Canon EOS7D MarkⅡ 絞りf/2.5 シャッタースピード: 1/100秒 ISO感度:ISO400 WB:マニュアル


 

作例06

About

広角らしい広がりを生かしたポーズなのだが、その広角らしさを感じさせない自然なハマり方に驚き。歪みの無さがゆとりを感じさせるカットに、大きな恩恵を与えてくれる。


使用焦点距離:20mm カメラ:Canon EOS7D MarkⅡ 絞りf/2.5 シャッタースピード: 1/160秒 ISO感度:ISO400 WB:マニュアル


 

作例07

About

腿や腕など、広角での撮影では不自然に引っ張られるので、構図上避けたいところなのだが、このレンズで撮影すると全く不自然さが無い。モデルとのこの距離にして、ピント面の瞳から唇はすでにボケているのが分かる。


使用焦点距離:20mm カメラ:Canon EOS7D MarkⅡ 絞りf/2.5 シャッタースピード: 1/200秒 ISO感度:ISO400 WB:マニュアル


 

作例08

About

扉と壁の直線はほぼ歪まず。
直線を入れることで女性の丸みや曲線を強調することはよくある手法なのだが、その直線が歪んでしまっていては元も子もない。しかしこのレンズは直線が直線に描写されている。
だからこの手法も安心して使うことが出来た。


使用焦点距離:20mm カメラ:Canon EOS7D MarkⅡ 絞りf/2.5 シャッタースピード: 1/200秒 ISO感度:ISO400 WB:マニュアル


 

作例09

About

広角レンズではほとんどやってはいけない、モデルを隅に寄せての撮影も、このレンズならこの通り!
30mmのやや広がりのある画作りに自由なモデルポジションを楽しんできた。


使用焦点距離:20mm カメラ:Canon EOS7D MarkⅡ 絞りf/2.5 シャッタースピード: 1/500秒 ISO感度:ISO400 WB:マニュアル


 

作例10

About

睫毛と瞳の両方にピントを合わせるためにf2.5で撮影。広角での寄りのカットは、懐に飛び込むような親近感を表現できる。
彼女が見つめる瞳が、大きくボケたボディとともに、見るものを引きつけてくれる。


使用焦点距離:20mm カメラ:Canon EOS7D MarkⅡ 絞りf/2.5 シャッタースピード: 1/320秒 ISO感度:ISO400 WB:マニュアル


 

作例11

About

肌の質感や髪の質感に圧倒される繊細な描写。唇の生々しさは見るものを誘うようだ。
広角+寄りの親近感がドキドキをさらに大きくさせる。


使用焦点距離:20mm カメラ:Canon EOS7D MarkⅡ 絞りf/2.5 シャッタースピード: 1/320秒 ISO感度:ISO400 WB:マニュアル


 

作例12

About

直線の歪みが無いので、広がりが自然。彼女のカラダの曲線が自然と浮かび上がる。濡れた肌の質感も特筆ものだ。


使用焦点距離:20mm カメラ:Canon EOS7D MarkⅡ 絞りf/4.0 シャッタースピード: 1/125秒 ISO感度:ISO200 WB:マニュアル ストロボ使用


 

作例13

About

窓からストロボを当てて逆光で撮影しているのだが、高い描写性能がここでも発揮され、フレアもフリンジも全く出てきていない。
ガラス越しとはいえ光源を構図内に入れながらも、この描写には恐れ入ってしまう。


使用焦点距離:20mm カメラ:Canon EOS7D MarkⅡ 絞りf/4.0 シャッタースピード: 1/125秒 ISO感度:ISO200 WB:マニュアル ストロボ使用


 

作例14

使用焦点距離:20mm カメラ:Canon EOS7D MarkⅡ 絞りf/3.2 シャッタースピード: 1/80秒 ISO感度:ISO200 WB:マニュアル ストロボ使用


About

野性的な表情に大胆なポーズが見るものをかき立てる。後ろの窓にはストロボ。肌の質感と髪の描写は是非ご覧頂きたい。

 

作例15

About

夕暮れの、まさに日がおちる頃。
その夕日は彼女の背から、低い光を差し込んでくれている。
ワイド域の14mm、開放…これほどの条件下でこれほどの安定した画質は素晴らしい。背景の溶けるようなボケも美しい。


使用焦点距離:14mm カメラ:Canon EOS7D MarkⅡ 絞りf/2.0 シャッタースピード: 1/200秒 ISO感度:ISO250 WB:マニュアル


 

作例16

使用焦点距離:17mm カメラ:Canon EOS7D MarkⅡ 絞りf/2.8 シャッタースピード: 1/60秒 ISO感度:ISO1600 AWB


About

広角でも寄ればボケる…でもボケの美しさと、寄ることによる歪みの弊害にはあまり語られることは無い。
でもこのレンズは声を大にして言える。「ボケは美しく、これだけの広角域でポートレート、どうぞお使い下さい!」

 

作例17

使用焦点距離:14mm カメラ:Canon EOS7D MarkⅡ 絞りf/2.8 シャッタースピード: 1/80秒 ISO感度:ISO500 AWB ストロボ使用


About

日も暮れて街に灯りが点されてきた。
絞りはf2.8までにして、わずかな光も広い込むことにする。
冷たく透明な風が彼女の前を通り過ぎる。
このレンズはコントラストが高いので、背景のわずかな太陽の色も、落ち行く濃青のグラデーションも捉えてくれた。

 
AT-X 14-20 F2 PRO DX の製品情報はこちら »
 
このページのトップへ戻る

[著作権および画像利用についてのご注意]

本スペシャルページで提供している「実写生データ」の著作権は、撮影者である 萩原和幸氏に、使用権は 株式会社ケンコー・トキナー に帰属しています。著作権所有者および 株式会社ケンコー・トキナー への事前の承諾を得ること無しに、その全てまたは一部を、いかな る形式、いかなる手段によっても、複製・改変・再配布・再出版・表示・掲示または転送することは禁じられています。

本スペシャルページの「実写生データ」は、お客様のコンピュータースクリーン、もしくはお客様ご自身のプリンターまたは プリント手段等による、私的な画像確認での利用に限ってのみ、ご利用いただけます。