トキナーレンズでポートレート - 萩原和幸


AT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-S 新製品

AT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-S望遠ズームでも、とりわけ70-200mmは使用頻度が高い焦点距離をカバーしているズーム。ゆえに人気も高く、それに応えたメーカーも完成度の高いレンズを提供している。開放値はF2.8とF4の大きく2つ。そのうちF4の方は、その使い勝手の良さからポートレート撮影でも活躍の機会が多い。

今回トキナーが満を持して、70-200mmF4というカテゴリーにAT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-Sを投入してきた。当然高いポテンシャルを持つレンズだろうと期待していたが、その期待に十分応えてくれる一本に仕上がっていた。トキナーがこだわった「高解像でボケ味重視は、ポートレートで使いたいレンズには欠かせない要素。ましてやF4でコンパクト、トキナー初の手ブレ補正機構(VCM:手振れ補正モジュール)とリング型超音波モーター搭載。 わずかな光の中に浮かび上がるモデルの表情を、瞬時に捉えたい…こんな状況も積極的に持ち出したくなったのだ。

最短撮影距離1mも接近戦に強いということ。操作性もよく、どこにでも持ち出せるコンパクトさは魅力だ。これ1本をつけて、モデルとブラブラしながらスナップポートレートが似合うと思う。F2.8のように堂々としたフォルムがかえってマイナスになるシーンもある。機動性を活かし、一瞬をさりげなく収める…そんな撮影に向いている。

このレンズを使っての今回のポートレート作品は、そんなスナップ感覚で。AT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-Sとともに、いい雰囲気で撮影できた。 撮影焦点距離も、ズーム域の至る所で撮影してみた。このレンズは、どの焦点距離で撮影しても期待を裏切らない。安心して相棒にできるレンズだ。


 

Index

 

作例01

使用焦点距離:70mm カメラ:D610 絞り値:f/4 シャッタースピード:1/1250秒 ISO感度:ISO-200


About

スナップポートレートらしく、店先で撮影スタート。
コンパクトボディなので、70-200mmのズームといえども、モデルに威圧感を与える事なく撮影に入る事が出来る。
描写の第一印象は、解像度は十分ながら、カリカリした鋭いシャープ感はなく、丸みのある描写ということ。ポートレートに向いているなあと素直に感じる。
焦点距離70mm。付かず離れずの微妙な距離をそのままに。

 

作例02

使用焦点距離:85mm カメラ:D610 絞り値:f/4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO感度:ISO-200


About

85mm域で撮影。
70-200mmはポートレート撮影では出番が多い。中望遠〜本格的な望遠まで、モデルとの距離感のバランスをとりながら、それをレンズ1本で撮影できるからだ。
前ボケを大胆に構図に取り入れて、彼女との間に隔たりを作る。前ボケには、彼女のもう一つの顔。その隔たりは、彼女との気持ちの距離を表現。
前ボケが自然なボケ味である分、距離も大きく表現できている。

 

作例03

About

70mm域で撮影。
ちょっと引いたところから、ちょっとまだぎこちないけど、素直な笑顔を周りの雰囲気と共に。
まだ撮り始めたばかり。初々しい空気を感じながら、一番短い焦点距離で、コミュニケーションを図りながらシャッターを切る。f4開放、背景の残り具合は状況説明にちょうどいい絞り値だった。


使用焦点距離:70mm カメラ:D610 絞り値:f/4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO感度:ISO-200


 

作例04

About

75mm域で撮影。
日陰に場所を移す。少し息を抜いた、憂いを感じる横顔がきれいだ。シャッタースピードは1/80秒。
70-200mmのズームレンズでは当然手振れしてしまうのだが、AT-X70-200mmF4 PRO FX VCM-Sの手振れ補正モジュールは、その効果を実感できる。この状況で、手持ちで撮影できることはとても心強い味方となる。


使用焦点距離:75mm カメラ:D610 絞り値:f/4 シャッタースピード:1/80秒 ISO感度:ISO-200


 

作例05

使用焦点距離:75mm カメラ:D610 絞り値:f/4 シャッタースピード:1/100秒 ISO感度:ISO-200


About

75mm域で撮影。
画面の隅にモデルを配置し、空間を活かしたポートレートの画作りを楽しむ。シャッタースピードが1/100秒と、一連の動きの中で一瞬の表情を狙うには少々遅いし、当然手振れを気にする速度でもあるが、AT-X70-200mmF4 PRO FX VCM-Sだと、あえて撮影してみたくなる。
四隅の描写はとても気になるものだが、このレンズは、そのような心配はまったく無い。満足のいく写りだ。

 

作例06

About

90mm域で撮影。
彼女のナチュラルな笑顔を捉える。話をしながら、あれこれとくだらない事など。でもコミュニケーションを図るには大事な時間。そうした中から自然な笑顔が生まれる。
静かで素早いAFで、一瞬を難なく捉える。リング型超音波モーターの恩恵だ。機材がコンパクトにできると、それだけ体力的な負担が小さくなる。一緒に動く事が苦でなくなる。


使用焦点距離:90mm カメラ:D610 絞り値:f/4 シャッタースピード:1/400秒 ISO感度:ISO-200


 

作例07

About

75mm域で撮影。
周りを含めた構図を作る時には、中望遠域はとても便利だ。
絞らずにあえて開放で撮影したのは、描写の柔らかさと、彼女に衣装がマッチしているから。AT-X70-200mmF4 PRO FX VCM-Sのやさしい描写はフェミニンな雰囲気に合う。レンズの描写に合った雰囲気の画作りも、ポートレート撮影の面白さだ。


使用焦点距離:75mm カメラ:D610 絞り値:f/4 シャッタースピード:1/1250秒 ISO感度:ISO-200


 

作例08

使用焦点距離:122mm カメラ:D610 絞り値:f/5 シャッタースピード:1/640秒 ISO感度:ISO-200


About

122mm域で撮影。
背景となる街角をボカしすぎず、それでいてモデルを浮かび上がらせるためにf5.0を選択。ナチュラルなボケ味が持ち味のAT-X70-200mmF4 PRO FX VCM-S、硬くならずに絞り相応のボケ味を得られる。

 

作例09

About

85mm域で撮影。
ふと見せた切ない表情、彼女と離れたところではなく、手が届きそうな距離での出来事。中望遠域で誇張する事なくシャッターを押す。カリカリとした描写ではなく、肌のしっとり感も再現できている。高い描写性能にこだわったAT-X70-200mmF4 PRO FX VCM-Sらしさが出ている。


使用焦点距離:85mm カメラ:D610 絞り値:f/5 シャッタースピード:1/400秒 ISO感度:ISO-200


 

作例10

使用焦点距離:120mm カメラ:D610 絞り値:f/4 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:ISO-200


About

120mm域で撮影。
気づくと彼女は向こうを見ていた。
顔は見えないが、手が表情を見せてくれていた。顔ばかりでなく、これもポートレート。きっと彼女はこの時のシャッターには気づいていないだろう。 こうしたカットに瞬時に対応できるのは、AT-X70-200mmF4 PRO FX VCM-Sの機動性が高いからだ。

 

作例11

使用焦点距離:170mm カメラ:D610 絞り値:f/4 シャッタースピード:1/125秒 ISO感度:ISO-200


About

170mm域で撮影。
街角から緑あふれる公園へ。
初夏の風が流れ、「気持ちいいね」と話しかけようと彼女を見た時、声をかけずにシャッターだけを切った。1/125秒は、170mm域ではブレて当然。しかしAT-X70-200mmF4 PRO FX VCM-Sの手振れ補正モジュールがこのカットを後押ししてくれた。

 

作例12

使用焦点距離:200mm カメラ:D610 絞り値:f/4 シャッタースピード:1/60秒 ISO感度:ISO-200


About

木陰で立ち止まり、こちらを見る。切ない、でもなにか言いたげな表情で。
焦点距離200mm域、シャッタースピードは1/60秒…でもシャッターを切る。背景のボケは本当に柔らかくてきれい。彼女をグッと浮かび上がらせてくれた。

 

作例13

使用焦点距離:92mm カメラ:D610 絞り値:f/4.5 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:ISO-200


About

92mm域で撮影。
AT-X70-200mmF4 PRO FX VCM-Sは最短撮影距離が1mと、このクラスのズームレンズとしては短いので、モデルにもう一歩寄れるゆとりが嬉しい。このような俯瞰での撮影でも、わざわざ脚立などで最短撮影距離に合わせた高さを調整せずとも、構えてそのまま撮影できる。

 

作例14

About

70mm域で撮影。
寝転んでもらうと、また違う表情を見せてくれる。立っていては見せてくれないリラックス感。こちらも彼女の周りを動く。色々な発見をしたいから。
コンパクトで機動性に富んでいるAT-X70-200mmF4 PRO FX VCM-Sは、大きく動くことになるシーンにはうってつけ。
やはりコンパクトさは大きな味方だ。


使用焦点距離:70mm カメラ:D610 絞り値:f/4.5 シャッタースピード:1/160秒 ISO感度:ISO-200


 

作例15

使用焦点距離:200mm カメラ:D610 絞り値:f/4.5 シャッタースピード:1/160秒 ISO感度:ISO-200


About

200mm域で撮影。
振り向く彼女、動きも表現したくて、シャッタースピードも考慮した。手振れは完全に補正されている。リング型超音波モーターによるAFが動いている彼女の瞳にピントを合わせる。
動きのある撮影にも高い性能を発揮してくれたカットだ。

 

作例16

使用焦点距離:95mm カメラ:D610 絞り値:f/4.5 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:ISO-400


About

95mm域で撮影。
AT-X70-200mmF4 PRO FX VCM-Sのキレの良い描写を素直に感じる。横顔があまりボケすぎても違和感があるので、絞りはf4.5を選択。やさしく差し込む光は彼女の髪を浮かび上がらせる。少女らしい、初々しさが表現できた。

 

作例17

About

ここは緑に囲まれた公園。背景に緑を多く取り入れて、その場の雰囲気を取り込む。
開放値F4.0のボケはF2.8のボケの大きさにはかなわないが、このような状況説明的見せ方では、十分。むしろAT-X70-200mmF4 PRO FX VCM-Sの滑らかなボケは、無理に作り込まれた感じがせず、自然な見え方でいい。ピント面の、やさしくもキレのある描写と相まって、彼女を浮かび上がらせている。


使用焦点距離:78mm カメラ:D610 絞り値:f/4 シャッタースピード:1/400秒 ISO感度:ISO-400


 
モデル:華月綾香(ソレイユ)(オフィシャルブログ http://ameblo.jp/kaduki-ayaka/
ヘアメイク:町田恭子(エミュー)
スタジオ協力:スタジオEASE(http://iziz.co.jp/
 

AT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-S の製品ページへ »

このページのトップへ戻る

[著作権および画像利用についてのご注意]

本スペシャルページで提供している「実写生データ」の著作権は、撮影者である 萩原和幸氏に、使用権は 株式会社ケンコー・トキナー に帰属しています。著作権所有者および 株式会社ケンコー・トキナー への事前の承諾を得ること無しに、その全てまたは一部を、いかな る形式、いかなる手段によっても、複製・改変・再配布・再出版・表示・掲示または転送することは禁じられています。

本スペシャルページの「実写生データ」は、お客様のコンピュータースクリーン、もしくはお客様ご自身のプリンターまたは プリント手段等による、私的な画像確認での利用に限ってのみ、ご利用いただけます。