トキナーレンズでポートレート - 萩原和幸


AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 新製品

AT-X 24-70 F2.8 PRO FXフルサイズの標準ズームとしては王道中の王道である24-70mmF2.8に満を持してケンコー・トキナーが送り込んできたのがAT-X 24-70 F2.8 PRO FXだ。24-70mmは多くのメーカーから多数存在する激戦区。ましてやプロアマ問わず多くのユーザーが手にし、多用しているレンズだけに、必然的に評価の目が厳しくなる。その24-70mmズームレンズに切り込んでくるケンコー・トキナーには、同じ激戦区である70-200mmF4の発売時もそうだったが、フルサイズ対応レンズに対し光学的にかなりの自信があると思われる。

昨今の標準ズームには開放値F4も多いが、やはり1段明るいことは、多くの場面で大きなアドバンテージになる。ケンコー・トキナーはF2.8を選択し、より数多くのシーンで手にしていただきたいという心意気だろう。高画素にも十分対応できるよう、ガラスモールド非球面ガラスと超低分散ガラスを各3枚ずつ採用され、各収差を適正に補正、高コントラストのクッキリとした質の高い描写を提供してくれる。
重量は1,010gと手ブレ補正機能を持ち合わせていない割にはやや重め。今回はCanon EOS5D MarkⅢに装着したが、グリップをつけた方がバランスは良いようだ。AFは静穏性に優れており、非常に静か。伝統のフォーカスクラッチ機構は開放値近くで撮影することの多いポートレートでは、操作面でとても有利だ。

ピント面はシャープでキレのいいレンズだが、少し湿気を含んだようなしっとりとした描写で、それが、女性の肌に潤いを与えたような艶感を出してくれる。これがポートレート、とくに女性ポートレートには抜群に向いている。
今回の作例は、それを意識しながら撮影を行った。きっと、そのしっとりとした描写を感じ取っていただけるに違いない。ポートレート撮影をメインにした標準ズームレンズを考えているのなら、このレンズの持つ潤い感を知ってしまったら、間違いなく欲しくなる、と断言できるレンズだ。

 

モデル:星名利華(イトーカンパニー)
Webサイト » | ブログ » | ツイッター »
ヘアメイク:町田恭子(エミュー)

 

Index

 

作例01

使用焦点距離:58mm カメラ:Canon EOS5D MarkⅢ 絞りf/2.8 シャッタースピード: 1/125秒 ISO感度:ISO800


About

今回のモデルは、女優の星名利華さん。元気なキャラクターの彼女だが、今回は艶を全面的に出していただいた。私は、それを精一杯拾っていく。24-70mmは、彼女との距離感をリアルに写し出す焦点距離。吐息を感じながら、撮影を進めていく。
しっとり感をストレートに伝えるため、あえてレタッチはしないことにした。

 

作例02

About

ストロボでメリハリをつけてみる。ポーズや表情に対して、ギャップのあるライティング。絞り開放での撮影だが、開放から繊細な描写がうかがえる。


使用焦点距離:65mm カメラ:Canon EOS5D MarkⅢ 絞りf/2.8 シャッタースピード: 1/160秒 ISO感度:ISO200 ストロボ使用


 

作例03

About

窓からの自然だけで感度を上げて撮影。瞳と唇にのみピント面があり、それ以外はなだらかにボケていくさまは、自然と瞳と唇に見るものを引きつける。
F2.8という開放値ゆえボケは、こうしたカットで本当に有効だ。


使用焦点距離:65mm カメラ:Canon EOS5D MarkⅢ 絞りf/2.8 シャッタースピード: 1/125秒 ISO感度:ISO400


 

作例04

About

目は見えないけれど、口から読み取り、表情や気持ちを想像する。こうしたシーンは自然な距離感こそ、と、あえて56mmという焦点距離で。


使用焦点距離:56mm カメラ:Canon EOS5D MarkⅢ 絞りf/2.8 シャッタースピード: 1/160秒 ISO感度:ISO400


 

作例05

About

どんな気持ちで今視線を外したのだろう。笑顔とも、そうでないとも捉えることが出来る表情。知るのが怖くて、だからシャドウ側の瞳と唇にピントを合わせる。


使用焦点距離:70mm カメラ:Canon EOS5D MarkⅢ 絞りf/2.8 シャッタースピード: 1/100秒 ISO感度:ISO640


 

作例06

About

次にシャッターを切る時は、まっすぐにこちらを見て、そしてうっすらと微笑んでくれた。それをすぐに捉えたくて、ワンクラッチフォーカス機構ですぐにMFに切り替えて、瞳にピントを合わせる。ほんの一瞬だったこのいたずらな笑顔を捉えられたのは、即座にピントを合わせることが出来たからだ。


使用焦点距離:70mm カメラ:Canon EOS5D MarkⅢ 絞りf/2.8 シャッタースピード: 1/100秒 ISO感度:ISO640


 

作例07

About

さっき座っていた椅子から、ベッドへと座り直した。けだるさの中に少し緊張感が伺える。こうした緊張感はなかなか見られないな、とストレートにシャッターを切ってみた。


使用焦点距離:60mm カメラ:Canon EOS5D MarkⅢ 絞りf/3.2 シャッタースピード: 1/125秒 ISO感度:ISO400


 

作例08

About

前のシャッターを切ってから、その緊張感の訳を聞きたくなる。焦点距離は変えずに、距離を詰めて彼女の顔色をうかがう。大きく笑ってくれるけれど、こっちを見てはくれなかった。その翳りを、ややアンダー目に表現した。口からは声が聞こえてきそうな臨場感は、このレンズの持つ湿気のおかげだ。


使用焦点距離:61mm カメラ:Canon EOS5D MarkⅢ 絞りf/2.8 シャッタースピード: 1/160秒 ISO感度:ISO400


 

作例09

使用焦点距離:70mm カメラ:Canon EOS5D MarkⅢ 絞りf/2.8 シャッタースピード: 1/125秒 ISO感度:ISO800


About

濡れた髪のまま、息をつく。
何か口にしたみたいだが聴こえない。その潤いに満ちた表情、このレンズで余すところ無く捉える。湿気を含んだ描写、適度なシャープ感はこうしたシーンにピタリとハマる。

 

作例10

使用焦点距離:70mm カメラ:Canon EOS5D MarkⅢ 絞りf/2.8 シャッタースピード: 1/60秒 ISO感度:ISO800


About

まるで滴がしたたるような雰囲気が、このレンズを通してさらに伝わってくるようだ。意味深な口元、艶に溢れた雰囲気が心を揺さぶる。こちらのドキドキが聴こえてしまいそうな臨場感を封じ込めた。

 

作例11

About

窓際まで立ち上がると、彼女は壁に寄りかかった。少し近付き難い雰囲気だったから、ほんのちょっと距離感を作る。誇張の無い自然な発色に、ナチュラルな空気感が表現できる。


使用焦点距離:45mm カメラ:Canon EOS5D MarkⅢ 絞りf/3.5 シャッタースピード: 1/60秒 ISO感度:ISO400


 

作例12

使用焦点距離:70mm カメラ:Canon EOS5D MarkⅢ 絞りf/2.8 シャッタースピード: 1/60秒 ISO感度:ISO400


About

満足げな表情…達成感?それとも…。
テレ側の70mmで距離を作る。彼女の見せる仕草や表情で、自然ながらも距離感をコントロールできる焦点域がいい。

 

作例13

使用焦点距離:61mm カメラ:Canon EOS5D MarkⅢ 絞りf/2.8 シャッタースピード: 1/60秒 ISO感度:ISO400


About

清々しさを感じさせながら、でも、朝の高原のような湿気を含んだ空気感を意識する。このレンズの真骨頂と言うべき、しっとり感の表現があってこその、このカット。肌の潤い感も絶妙だ。

 

作例14

About

何を見ているのかと、彼女の視線の方へ。すると彼女はジッとこちらを見つめた。
無表情…だけど感情のある無表情。
「よかった」、と僕には聴こえた。

プライベート感を作るには最適のレンズだ。オトナを感じさせる潤いや艶を存分に表現できる、秀逸の標準ズームレンズだ。


使用焦点距離:65mm カメラ:Canon EOS5D MarkⅢ 絞りf/2.8 シャッタースピード: 1/80秒 ISO感度:ISO400 ストロボ使用


 
AT-X 24-70 F2.8 PRO FX の製品情報はこちら »
 
このページのトップへ戻る

[著作権および画像利用についてのご注意]

本スペシャルページで提供している「実写生データ」の著作権は、撮影者である 萩原和幸氏に、使用権は 株式会社ケンコー・トキナー に帰属しています。著作権所有者および 株式会社ケンコー・トキナー への事前の承諾を得ること無しに、その全てまたは一部を、いかな る形式、いかなる手段によっても、複製・改変・再配布・再出版・表示・掲示または転送することは禁じられています。

本スペシャルページの「実写生データ」は、お客様のコンピュータースクリーン、もしくはお客様ご自身のプリンターまたは プリント手段等による、私的な画像確認での利用に限ってのみ、ご利用いただけます。