トキナーレンズでポートレート - 萩原和幸


AT-X 535 PRO DX

AT-X 535 PRO DXAT-X 535 PRO DXは35mm判フィルム換算で約70-200mm相当の画角を持つ、開放値F2.8のズームレンズだ。となれば、そこそこのレンズボディの大きさを想像するものだが、AT-X 535 PRO DXは非常に軽量・コンパクトなサイズ。最大径×全長はφ78.2×135.2mmと、カメラバックに収まるサイズで、圧倒的な取り回しの良さを武器に、どんどんとお出掛けしたくなるレンズだ。

描写は開放時からシャープなのだが、その中にすこし柔らかさを残したような写りで、ポートレートには絶対に向いている。乾いたような硬さはなく、しっとりした優しさがある描写なのだ。そのテイストは50-135mmのどの域でも見ることができるので、ズーム域をフルに使った構図を作ることができる。ボケ味は非常に柔らかく、なめらか。開放値F2.8を活かし、大きなボケ味を味わうのも楽しい。
インナーナルフォーカスにより最短撮影距離を1mにし、またあえてテレ側を135mmに留めることで、最短撮影距離で開放から高い画質を生み出してくれるAT-X 535 PRO DXは、まさにポートレート派が手にすべく存在するレンズだ。


 

Index

 

作例01

About

撮影している場所の状況を取り込んで表現したい意図のポートレートには、なだらかで優しいボケが魅力のこのレンズは最適。望遠レンズによる背景の圧縮効果を求めながらも、自然な背景ボケをねらった。彼女はキリッと浮かび上がり、クールな仕上がりとなっている。


Canon EOS7D 絞りF4 1/125秒 ISO100 WB:オート ストロボ使用 RAW 100mm域


 

作例02

Canon EOS7D 絞りF2.8 1/40秒 ISO100 WB:オート ストロボ使用 RAW 110mm域


About

イルミネーションを求め、静岡・御殿場へ。無数の光が彼女を包む様子を、ちょっと離れたところからうかがい、シャッターを切った。コンパクトなこのレンズならと手持ちで撮影、大勢のお客さんに迷惑をかけずに撮影できる。F2.8開放でも高い描写を提供してくれ、たくさんの点光源の丸いボケがとてもきれいだ。

 

作例03

Canon EOS7D 絞りF3.5 1/400秒 ISO200 WB:オート RAW 90mm域


About

冬の優しい光の中を散歩しながら、自然な表情を狙った。レンズがコンパクトサイズなので、35mm換算で200mmクラスのレンズを装着しながらブラブラしているとは思えない、気軽なポートレート。逆光がつくるラインライトが美しい。髪1本1本、繊細に描写されていながらも、カリッとした鋭さより柔らかみを感じるテイストが見てとれる。

 
モデル:水上桃華(レプロエンタテインメント http://yaplog.jp/lp-m-momoka/
撮影協力:御殿場高原 時之栖(静岡県御殿場市神山719 http://www.tokinosumika.com/
撮影協力:静岡県小山町(http://www.fuji-oyama.jp/info/index.html
 
このページのトップへ戻る

[著作権および画像利用についてのご注意]

本スペシャルページで提供している「実写生データ」の著作権は、撮影者である 萩原和幸氏に、使用権は 株式会社ケンコー・トキナー に帰属しています。著作権所有者および 株式会社ケンコー・トキナー への事前の承諾を得ること無しに、その全てまたは一部を、いかな る形式、いかなる手段によっても、複製・改変・再配布・再出版・表示・掲示または転送することは禁じられています。

本スペシャルページの「実写生データ」は、お客様のコンピュータースクリーン、もしくはお客様ご自身のプリンターまたは プリント手段等による、私的な画像確認での利用に限ってのみ、ご利用いただけます。