大口径レンズを開放F値で使うためのNDフィルター

大口径レンズを開放F値で使うためのNDフィルター

大口径レンズを開放F値で使うためのNDフィルター

|       |   |

 

開放F値がF1.0やF2.0といった、非常に明るい大口径レンズ。

一昔前に比べますとお持ちの方も増えているご様子です。

開放絞りを使用して、ボケ味を楽しんでおられる方も多くいらっしゃることと存じます。

しかし絞りを開けば入ってくる光が増える。そうするとボケ味を活かしたくても、日中屋外、とくに晴天下だと開放絞りが使用できない。せっかく明るい大口径レンズを買ったのに、屋内撮影でしか開放絞りが使えない。

 

そこでNDフィルターが登場です。

絞りを開いて露出が上がってしまう分、NDフィルターを使うことで露出を落とす。

これで日中屋外でもバッチリ開放絞りで撮影できます!

 

さて。

そうすると「どの濃度のNDを選ぶのが良いか?」というお話しになってまいります。

 

そういうわけで、F1.0 ~F4.0のレンズを、開放で使うために、NDフィルターがない時FがいくつならNDの何番を使用したら良いか表で見てみましょう。

右へ行くほど、被写体が明るく、絞りを絞る必要がある条件となります。


NDなしでのF値 F2.8 F4 F5.6 F8 F11 F16 F22
F1.0を使うための
NDフィルター
ND8 ND16 ND32 ND64 ND128 ND256 ND512
(ND4+ND2) (ND8+ND2) (ND8+ND4) (ND16+ND4) (ND16+ND8) (ND16+ND16) (ND32+ND16)

 

NDなしでのF値 F2.8 F4 F5.6 F8 F11 F16 F22
F1.4を使うための
NDフィルター
ND4 ND8 ND16 ND32 ND64 ND128 ND256
  (ND4+ND2) (ND8+ND2) (ND8+ND4) (ND16+ND4) (ND32+ND16) (ND16+ND16)

 

NDなしでのF値 F2.8 F4 F5.6 F8 F11 F16 F22
F2.0を使うための
NDフィルター
ND2 ND4 ND8 ND16 ND32 ND64 ND128
    (ND4+ND2) (ND8+ND2) (ND8+ND4) (ND16+ND16) (ND32+ND16)

 

NDなしでのF値 - F4 F5.6 F8 F11 F16 F22
F2.8を使うための
NDフィルター
- ND2 ND4 ND8 ND16 ND32 ND64
      (ND4+ND2) (ND8+ND2) (ND8+ND4) (ND16+ND16)

 

NDなしでのF値 - - F5.6 F8 F11 F16 F22
F4.0を使うための
NDフィルター
- - ND2 ND4 ND8 ND16 ND32
        (ND4+ND2) (ND8+ND2) (ND8+ND4)

 

まず、基準にするF値を決めよう

NDフィルターを全て揃えなくても、多少の調整はシャッタスピードとISOで可能です。

しかし、調整は小さい方が描写が意図せず変わってしまう事を防げます。ですので、NDフィルターなしで使用頻度が高いと思われるF値に目星をつけましょう。

既に撮影された写真の内、晴天下で撮影された写真はどのF値を使用している事が多いでしょうか?

そして開放を使いたいレンズのF値はいくつでしょうか?

以上、ご参考になれば幸いです。

 


NDフィルター関連記事



KenkoのNDフィルター製品


一般NDフィルター 高濃度NDフィルター

ND2~16の比較的濃度の薄いNDフィルター。

  • 若干シャッタースピードを流くする
  • 開放F値がF1やF2などの非常に明るい大口径レンズの開放側を、晴天下屋外など非常に明るい環境下で背景ボカシなどに使用する

 ND32以上の高濃度NDフィルター

  • 滝や海などの水の流れをシャッタースピードを30秒以上にした長時間露出撮影する
  • 町中の人混みを長時間露出で消す

写真投稿サイトPicTavernに投稿された、NDフィルターを使用している作品