金属成膜のメニュー

耐熱塩ビへの防曇処理について

茨城県の樹脂加工会社から『耐熱塩ビ素材を曇らなくしたいのですが、何か良いコーティングをしていただけませんか?』とのご相談を頂きました。
弊社では培ってきた薄膜ノウハウにより、撥水膜や親水膜について説明をしました。

撥水膜は水を弾く効果があり、車のフロントガラスで良く使用されている技術。また、親水膜は撥水膜とは対照的に水をなじめせる効果があります。アクリル材で各種の簡易実験を行い、お客様にとってどのようなコーティングが合っているかを調べました。

お客様としては『半年程度は曇らないでほしい。製品は1000mm×1000mmで出来る限り1枚物で処理してほしい。』と考えている事もあり、耐久性とサイズが今回の問題点となりました。弊社の装置では金属膜は1000mm×1000mmも対応可能なのですが機能膜となると300mm×300mm程度が限界となってしまい施工が出来なくなってしまいます。そのため、コーティング装置を使わない手法を検討する事となりました。

材質は樹脂であるため、施工後の熱硬化等ができず耐久性の面でなかなか適した処理を見つけられませんでしたが、考え方を変え『膜を作る』ではなく『膜を貼る』手法により、お客様のお役に立つ結果を導くことが出来ました。

お客様に納品後の出来上がりを確認していただいた所、『これまで曇っている事で安全上の確認等が困難であったが、これからは安全確認しやすくなり助かりました。
 あとはどの程度もってくれるかですが、期待しております。ご対応して頂きありがとうございました。』とのお言葉をいただいております。

このページのトップに戻る