双眼鏡の選び方〜スポーツ観戦に行かれる方へ〜

双眼鏡の選び方〜スポーツ観戦に行かれる方へ〜

スポーツ観戦と一口に言っても、屋外でやるスポーツ(野球やサッカー、ラグビー、ゴルフ etc)と室内でやるスポーツ(バレーボールやバスケットボール、フィギュアスケート etc)など様々です。屋外スポーツ・屋内スポーツ観戦で双眼鏡を選ぶチェックポイントを見ていきましょう!

1. 屋外スポーツ

屋外スポーツ

広いスタジアムなどで見るときに、気になるのは「倍率」ではないでしょうか。
倍率とは、肉眼で見た物がどれくらい大きく見えるかを表しています。

好きな選手を間近で見たい!と思って高倍率の双眼鏡を選ぶ方もいると思いますが、見やすさを考えると高倍率が良いとは限りません。

倍率が高くなると、視野が狭くなり手ブレがしやすくなってしまいます。

高倍率の場合、三脚等の使用をお奨めしているのですがスタジアムのようなところでは三脚の使用が禁じられているところがほとんどだと思います。

手持ちで持って観戦する場合は、10倍くらいまでが手ブレしにくくお薦めです。

しかし最近では、高い倍率でも手ブレを軽減してくれ手振れ補正付き双眼鏡(防振タイプ)もありますので高倍率でも安心してお使いいただける機種もございます。

また、屋外では突然の雨にも対応できるように「防水タイプ」のものがあればさらに良いでしょう。曇りにくく安心してご使用いただけます。

手持ちで感染するには10倍までの双眼鏡がおすすめです!
動きの激しいスポーツには実視界の広い双眼鏡がおすすめです!

サッカーやラグビーのような動きの激しいスポーツの場合は「実視界が広い双眼鏡(数値が大きいもの)」を選ぶと良いでしょう。実視界とは双眼鏡を動かさずに見ることができる範囲を角度で表したものです。実視野が狭いとすぐに双眼鏡の視野から外れ、選手が見にくくなってしまいます。
動きの激しいスポーツ観戦の時は、特に広視界タイプのものがお薦めです。
一般的に倍率が高くなるに従い実視界は狭くなってしまうので会場の大きさから8〜10倍くらいの双眼鏡を選ぶのが良いでしょう。

屋外向けおすすめ双眼鏡

※防振双眼鏡本体は防水ではありません

2. 屋内スポーツ

屋内スポーツ

屋内スポーツの場合は、屋外に比べ会場が暗いので「明るさ」の数値の高いものを選ぶのが良いでしょう。

明るさは、基本双眼鏡の倍率とレンズの口径で決まります。

明るさを求めるにはレンズの口径2 × 倍率2で求められます。

つまり、倍率が同じであれば 対物レンズの有効径が大きいほうが明るい双眼鏡となります。
しかし、対物レンズ径が大きいという事は、双眼鏡の重さも重くなってしまいますので、手で持って観戦する場合は対物レンズの大きさが20mm〜のものがお薦めです。

それと、同じ「明るさ」でもレンズ材質やレンズコーティングなどによっても見え方が変わりますので、実際に店頭などで見比べてみると良いでしょう。

また、屋内スポーツでも、屋外スポーツと同じく動きの激しいスポーツの場合は実視界が広いものがお薦めです。

屋内向けおすすめ双眼鏡

※防振双眼鏡本体は防水ではありません

3. スペックの見方

双眼鏡には、本体やピントリングにスペックが表示されています。

スペック表示

倍率

倍率とは、肉眼で見た物がどれくらい大きく見えるかを表しているのですが、倍率が大きいと

  • 手ブレが大きくなる
  • 視界が狭くなる
  • 暗くなる

など、見づらくなってしまいますので手持ちで観戦するのでしたら10倍くらいまでがお薦めです。

対物レンズ径

対物レンズ径対物レンズ径とは、双眼鏡を対象物に向けた側のレンズの口径のこととなります。
双眼鏡の明るさを知るうえでの目安になります。
口径が大きいほど視野が明るく、分解能(物を見分ける能力)にも優れ細かなところまで良く見ることができます。
しかし口径が大きくなると双眼鏡の重さが重くなりますので、用途に合ったものを選ぶように しましょう。

実視界

実視界とは双眼鏡を動かさずに見ることができる範囲を角度で表したものです。
実視界の数値が大きいほど広範囲が見え、対象物が見つけやすくなります。
動きの激しいスポーツを見る場合はなるべく実視界の広いものを選ぶようにしてください。
一般的に倍率が下がると実視界は広くなり、倍率が高くなると大きく見える分実視界は狭くなります。

「光学製品」のその他の記事