ISSと月のコラボ 2019年6月7日

ISSと月のコラボ

今回のISSの月面通過はISS自体に太陽光が当っていると思われますので、月面通過前から目視できるはずです。 そのため月面に近づく姿は容易に確認できます。

月面通過観測可能エリアは20時08分過ぎに能登半島から新潟県糸魚川市を通り、千葉県いすみ市で太平洋に出ます。 新潟県糸魚川市の青海駅付近から見え始め長野県須坂市、浅間山の脇をかすめて群馬県富岡市を通り その後東武東上線と西武池袋線の間を通り都心の真ん中を通り過ぎます。

山手線の範囲をカバーして台場付近で東京湾に出て房総半島を通過後いすみ市付近で太平洋に抜けます。 今回は月齢が小さく三日月上の月面を太陽光のあたっているISSが前面を通過していきます。 予報地はなるべく中心線付近のランドマークとなるようなものをピックアップしています。

ISSが月の前を通過する幅が地球上で約15キロメートルくらいになりますので広範囲での観測が可能となります。 予報の地点を結んだ線からそれぞれ東西に約8㎞で観測できるはずですが、 中心から離れるほど月の淵のほうを通過する形になります。

ISSが月の前を通らなくても、東側では月の左下を西側では右上を通過するのが肉眼で確認できます。 ISSが軌道を修正した場合は通過地点と予報時刻が変わる場合があります。

月面通過時間は中心線上で約1.4秒くらいとなっていますので瞬きすると見逃す恐れがあります。 ISSは20時07分頃に西北西の空高度約10度のところに地球の影からふたご座のあたりにすうっという感じで現れます。 そこから月の方向に向かい、約1分後月面を通過します。

その後、しし座、コップ座、カラス座、うみへび座を通り、20時12分頃南南東の高度20度くらいで地球の影に入ります。 撮影には800ミリ以上の望遠レンズ若しくは望遠鏡があると便利です。

 

観測可能な地域 2019/6/07(金)

長い場所で1.43秒(日本海側のほうが高度が低く太平洋側に行くほど高度が高くなるため)

市町村場所時分通過時間(秒)視直径(秒)
石川県珠洲市真浦塩田公園20時08分21.751.2934.71
八太郎峠22.351.2934.66
能登町赤崎海岸24.181.334.57
新潟県糸魚川市勝山城跡31.251.3134.17
小滝駅32.771.3134.14
長野県長野市三才駅38.011.3433.81
須坂市日野駅38.621.3433.77
須坂市立東中学校39.281.3433.77
群馬県嬬恋村大笹郵便局41.721.3533.59
軽井沢おもちゃ王国42.331.3533.57
長野原町プレジデントカントリークラブ軽井沢コース43.391.3533.5
安中市霧積ダム44.491.3633.44
横川駅45.131.3533.44
西松井田駅45.601.3633.36
富岡市上州一ノ宮駅46.851.3633.32
埼玉県皆野町皆野スポーツ公園野球場50.331.3733.1
東秩父村ヤマメの里親水公園51.241.3833.06
小川町館川ダム51.611.3733.02
ときがわ町西平運動場51.961.3833.01
毛呂山町毛呂駅53.171.3832.96
日高市武蔵高萩駅53.971.3932.9
狭山市狭山台交番54.841.3932.85
所沢市桑の実本郷保育園56.101.3932.78
東京都練馬区大泉学園駅57.041.432.72
中野区下井草駅57.561.432.69
杉並区高円寺駅57.931.432.67
渋谷区初台駅58.421.432.64
原宿駅58.641.432.62
港区泉岳寺駅59.261.432.61
港町3丁目遊び場59.361.432.59
江東区テレコムセンター駅59.701.432.56
千葉県袖ヶ浦市長浦中学校20時09分02.991.4232.39
天羽田稲荷山遺跡03.551.4232.34
袖ヶ浦フォレストレースウエイ04.171.4232.25
市原市高滝駅06.301.4332.17
大多喜町大多喜駅06.301.4332.17
御宿町B&G海洋センター08.081.4332.08

 

補足

都心でこの現象を見ることができる地域を駅で表示します。

羽田空港は国際線ターミナルを除くほぼ全域。
東炬モノレールは昭和島まで。京急線は大森町、京浜東北線は大森、池上線は長原、大井町線目黒線は大岡山まで。
東横線は都立大学、田園都市線は駒澤大学、小田急線は経堂、京王線は千歳烏山、井の頭線は全線。
中央線は水道橋から三鷹、西武新宿線は田無までと所沢から本川越まで、西武池袋線は下山口まで及び仏子までと高麗。
東武東上線は池袋と東武練馬から上福岡までと鶴ヶ島と坂戸、山手線は外回りで神田から池袋。
東西線は門前仲町まで京葉線と有楽町線と臨海線は新木場までが大方の見ることのできる範囲となっています。

 

「天文特集」のその他の記事