宙を見よう!2019年4月〜6月までの主な天文現象

6月11日 木星が衝

木星の観望シーズンがやってきます。
今年は6月11日に木星が「衝」となり、前後2か月くらい観望好期となります。
木星は、望遠鏡で観測して見ると、アンモニアの氷粒で出来た縞模様や巨大な雲の渦「大赤斑」、ガリレオ衛星など見どころがたくさんあります。

土星も7月には「衝」となりますので、6月くらいから観望シーズンとなります。開いた環の土星が観測されますので、ぜひ望遠鏡で観測してみてください。

「衝」とは?

地球から見て太陽と正反対の位置にくる瞬間を「衝」といい最も見やすい時期となります。 反対に「合」とは太陽と惑星が同じ方向にくる瞬間ですので、太陽の方向に重なり見ることができません。
東矩と西矩は太陽と外惑星との位置がそれぞれ90°、270°となる瞬間のことで、東矩の頃は夕方の空に西矩の頃は明け方の空に惑星が南中します。

木星 ~太陽系・最大の惑星~

木星は水素やヘリウムなどのガスを主成分とする惑星で、その赤道半径は地球の約11倍、体積は約1321倍、重さは約318倍もあります。

2018年10月現在、木星には79個の衛星が発見されていて、その数も太陽系の惑星では最多です。木星は重たいため、近くを通った天体がその大きな引力に引かれて木星の周りをまわるようになり、衛星となったものが多いようです。そのため、逆回り(木星の自転とは逆回り)に回っている衛星がたくさんあります。

木星は約12年かけて太陽の周りを一周(公転)し地球とは約400日で会合します。そのため、地球上からは見かけ上黄道の12星座を毎年1つずつずれていくように見えます。(今年はへびつかい座(さそり座)からいて座に移動します)

天体望遠鏡+スマホで観察

Kenko SkyExplorerスマートフォン用アダプター
JANコード/4961607602843
オープン価格

木星は、天体望遠鏡の有効径が10cm以上あれば、スマートフォンで縞模様などを撮影することが可能です。
また、天文学者ガリレオの発見した木星の4大衛星は、小さな望遠鏡でも観測することができ、毎日撮影して比べて見ると、移動 していることが分かります。
少し先の話ですが、ガリレオ衛星の運行を撮影して夏休みの自由研究にするのも面白いかもしれません。

2019年惑星の観望好期

水星

今年は東方最大離角が3回、西方最大離角が3回と6回の最大離角があります。6月24日の東方最大離角は、すぐそばに赤い火星もあり、またふたご座のカストルとポルックスも近くにいて目標となりますので探しやすくなります。

金星

年明け早々に西方最大離角となり、明け方の日の出前の空で輝いています。6月頃には太陽に近づき8月13日に外合となります。10月頃から夕方の西の空で宵の明星として輝き始めます。

火星

2018年7月に大接近を終えた火星は天空を速い速度で逆行し、しばらくは夕方の西空にいます。光度は暗くなり大きさも小さくなっていき、6月下旬には太陽の方向となり見ることはできなくなります。11月頃より明け方の東の空に見えるようになりますが、小さく暗い火星となります。来年の9月には再び地球に接近します。

木星

6月11日にへびつかい座で衝となりますので、その1か月前くらいから観望の好期となります。4月頃から8月頃が視直径も大きく見ごろとなります。

土星

7月10日にいて座の天の川の端で衝となりますので、その1か月前くらいからが観望の好期となります。まだ環が開いた状態ですのでぜひ観測してください。

2019年4月~6月までの主な天文現象

  • 5月6日みずがめ座η流星群極大

    6日の午後11時頃「みずがめ座η流星群」が極大を迎えると予想されています。5日が新月のため、月明かりの心配がなく最良の条件で観測できるでしょう。但し、放射点の地平高度が低いため、例年出現数は多くはないですが、明るく経路の長い流星が出るのがこの流星群の特徴です。母天体はハレー彗星とされており南半球ではかなりの出現数があります。ゴールデンウィークということもありますので、町明かりのない暗い場所に行って観測してみてください。放射点が高くなる明け方に観測するのがおすすめです。

  • 6月11日木星が衝

    木星がへびつかい座の天の川の中で「衝」となります。「衝」とは外惑星が最も地球に近づき、小型望遠鏡でも、表面の縞模様が観測できるでしょう。少し大きな口径の望遠鏡でしたら大赤斑や縞模様の変化も楽しめる事でしょう。
    また、木星には4つの大きな衛星もあり毎日位置が変わります。その様子は小口径の望遠鏡でも見えますので是非観測してみてください。夏まで観望好期が続きますので、是非シーイングの良い日を選んで観測してみてください。

  • 6月24日水星が東方最大離角

    24日水星が太陽の東側へ25°09′離れて東方最大離角となります。夕方、西の低空ですが2019年では最も高度があり見つけやすいでしょう。双眼鏡や望遠鏡を使って見ると欠けた姿も見られるでしょう。なかなか見る機会の少ない水星ですが、是非見つけてみてください。

天体観測にオススメの製品

天体望遠鏡を初めて購入の方から、ワンランク上の天文ライフを楽しみたい方まで幅広いお客様のニーズに対応した天体望遠鏡です。

スカイエクスプローラー SE-AZ5 三脚付き

スカイエクスプローラー SE-AZ5 三脚付き

手を離したところで止まる、フリーストップ式の経緯台。三脚付き。

製品情報はこちら
スカイエクスプローラー SE-AZ5 三脚付き 102鏡筒セット

スカイエクスプローラー SE-AZ5 三脚付き 102鏡筒セット

フリーストップ式経緯台 SE-AZ5に、SE102鏡筒をセット

製品情報はこちら
スカイエクスプローラー SE-AZ5 三脚付き 120鏡筒セット

スカイエクスプローラー SE-AZ5 三脚付き 120鏡筒セット

フリーストップ式経緯台 SE-AZ5に、SE120鏡筒をセット

製品情報はこちら

スカイエクスプローラー SE-AT100N

スカイエクスプローラー SE-AT100N

軽量・コンパクトで手軽に天体観察ができる、自動追尾機能付き天体望遠鏡

製品情報はこちら
パソコンソフト プラネタリウム 星空散歩ライトII

パソコンソフト プラネタリウム 星空散歩ライトII

パソコン上であらゆる場所・時間の星空を再現

製品情報はこちら

「天文特集」のその他の記事